国立科学博物館に行ってみました

上野動物園のすぐ側にある国立科学博物館
今現在『大恐竜展』を開催しているとのことで
恐竜好きの息子と行ってきましたのでその時のお話を。

博物館なので2歳児にはちょっと早いかな、と思いつつも
試してみないと分からんのでとりあえず行ってみました。

国立科学博物館

▶ 国立科学博物館へ到着

JR上野駅に到着すると週末だから結構な人だかりが。

上野

そうですか。もう紅葉のシーズンでしたね。

大恐竜展

その脇に看板がありました。
今日は動物園の方ではなくこちらの方へ向かいます。

IMG_4805

国立科学博物館の入り口に到着すると謎のSLが。
そのまま突き進みまずは『大恐竜展』へ。

恐竜の化石

大恐竜展はゴビ砂漠で採掘された恐竜の化石が多数展示されていました。
珍しい種類もたくさんいて予想以上に楽しめました。
詳しくは別のページに書きましたのでよろしければご覧ください。

> 国立科学博物館の『大恐竜展』の詳細はこちら!

▶ 国立科学博物館の常設展を回る

常設展は「日本館」「地球館」の2つに別れます。
息子の体力的に1つが限界と思われるので
規模の大きな「地球館」をチョイスしました。

▶ まずは1F『地球の多様な生き物たち』から。

入るとまず目を引くのが海の生き物達です。

IMG_4838

海の生き物達が展示されていてその生態などを学ぶことができます。

IMG_4847

奥の方に行くと今度は陸の生き物たちです。

国立科学博物館

息子的にはワニが気になったようで。

▶ 2Fは『科学と技術の歩み / たんけん広場-身近な科学』

国立科学博物館

文字通り色々な体験ができる子どもが喜ぶようなコーナーがあります。

国立科学博物館

さらに奥の方には昔の車や

国立科学博物館

セスナなどが展示されています。
この手のジャンルが好きな方にはたまらないでしょうな。

▶ 3F『大地を駆ける生命 / たんけん広場-発見の森』

国立科学博物館

ジャングルを探検するような感覚を体験できるエリアがあって

国立科学博物館

その奥には圧倒される剥製の数々

国立科学博物館

血管がリアルで怖いです。夜歩きたくないです。

▶ B1F『地球環境の変動と生物の進化』

恐竜の化石

こちらは常設展側の恐竜化石展示コーナーです。

恐竜の化石

もちろん大恐竜展の規模には劣りますがこれはこれで楽しめます。

▶ B2F『地球環境の変動と生物の進化』

さらに下ってこちらのフロアでは特定の時代と言うより地球の環境や
生物の歴史を学ぶことができます。

マンモス

マンモスや

アーケロン

アーケロンなど展示されているジャンルも時代も様々。

▶ B3F『宇宙・物質・法則』

宇宙』と聞いてプラネタリウムのような華やかさを期待したのですが

国立科学博物館

実際は地味な資料のオンパレードでちょっとゲンナリ。
まぁ、博物館だから仕方ないんですが。

▶ 国立科学博物館に行ってみた感想など

結局息子は2Fから3Fに向かうエスカレーターで入眠したので
地球館の半分も堪能せず終了。

まぁ展示されているものが化石や剥製だから途中で飽きてしまったのかも
知れませんが、それでも体験コーナーなどで遊んでいたので
彼なりに楽しめたのかなと思います。

本当は日本館の『シアター36○』は見てみたかったのですが
それはまた今後のお楽しみにします。

シロナガスクジラ

最後はシロナガスクジラさんにバイバイして帰りました。

コメントを残す