話題のオービィ横浜で親子で遊んできました

オービィ横浜はご存知ただ展示されているものを見る一般的な
博物館と違い、インタラクティブ性を備えた新感覚ミュージアム

父の独断と偏見で突如横浜に1泊旅行をすることになった今回の
週末ですが実はこのオービィ横浜が目的の7割を占めていました。

それほど行ってみたかったオービィ横浜。
実際どうだったのか?結論から言うと期待以上でした。

IMG_5505

▶ オービィ横浜の混雑っぷりに要注意

どうしても行ってみたかったオービィ横浜。
みなとみらい到着やいなや、真っ先にオービィ横浜がある
MARKISへ向かったのですが

前の記事「みなとみらいのイルミネーションを見てきました」でも
お話しましたがあまりの混雑に挫折しました。
いや、一人なら行ってたのですが息子を連れてはさすがに気が引けました。

▶ 朝一番をねらえ

IMG_5421

と、言うわけで宿泊した次の日の朝一番を狙ってみました。
まだMARKISの開館となる10:00まで時間があったので

IMG_5422

隣の上島珈琲店でモーニングなど洒落こんでみました。ガラにもなく。
ゆっくり朝食を頂いて10分前にMARKIS入り口に戻ると

IMG_5220

うぉ!昨日の混雑風景がフラッシュバック?!
人のこと言えないですが皆さん熱心ですなー。
ここまで来るとライバルというよりは同士に出会えた気分になります。

▶ オービィ横浜の歩き方

開館と同時にエスカレータが動き出します。
予想通りほとんどの方がオービィ横浜がある5Fまでノンストップでした。

でも受付はほとんど待つこと無くチケット購入です。
大人1人2,600円はちと高いですが父のなけなしのポケットマネーで全額持ち。

さて、いよいよ入場です。

オービィ横浜は自然の風景や動物の生態など様々なものを体験しながら学べる
エキシビションゾーン』と、大自然をテーマにしたドキュメンタリーを
巨大スクリーンで楽しめる『シアター23.4』に大きく分かれます。

シアターは本当に映画館のように上映時間が決められていて
入場時にどの回に参加するか決めます。

そして上映時間まではエキシビションゾーンで遊ぶのが基本的な
流れになるようです。

▶ まずはエキシビションゾーンで色々回る

と、言うわけで我々は最初のシアター上映回(11:00)を選択。
上映時刻までの間、エキシビションゾーンで色々遊んでみることにしました。

IMG_5505

入り口くぐってまず眼に入るのがこの『アニマルペディア』。

IMG_5507

特定の動物に手をかざすとその特徴が表示されるという面白い仕掛けに
父はウハウハです。間違いなくオービィ横浜の目玉コンテンツの1つです。

IMG_5437

ちなみにサバンナと海のバージョンが時間制で切り替わる様子でした。
アニマルペディアでひとしきり遊んだ後は

IMG_5444

空中からの視点で地球を一周する『エキシビションA 40,000』。

IMG_5458

浅瀬から深海まで様々な海の生物を見れる『エキシビションE 10,994』。

IMG_5463

好き嫌いがハッキリ分かれそうな昆虫ワールド『エキシビションF 75』。

IMG_5471

特定の場所に置かれた物体の色に反応して映像が変わる『エキシビションG ∞』。
など、1時間だけで充分遊べました。

IMG_5466

ところで各エキシビジョン名に付いている数字にはそれぞれ意味があります。
それを知ることもここオービィ横浜の楽しみの一つですね。

▶ メインイベント!大迫力の『シアター23.4』を体験

そして11:00前になったのでシアターへ移動。

IMG_5468

移動と言っても直ぐ目の前なんですがね。

中に入ってみると結構な混雑状況でした。
全席指定席なので席の心配はないのですが本当にこんなに収容できるの?

IMG_5485

と、思ったら342人も入れるんですね!

ちなみにこのシアター23.4のスクリーンは本当に巨大です。特に幅が。
そしてドキュメンタリーの内容も本物の映画のようで、没頭しているうちに
そこがミュージアムだということを完全に忘れてました。

なおここでもやはり23.4という数字には意味があります。

▶ 動物だくさんのおみやげエリア

シアターが終わるとよくありがちなおみやげエリアへ。

IMG_5502

これは!池袋の東武デパートでも見かけたHANSAの人形!

このHANSAはしっかりした作りになっているので結構好きです。
海外製の割には見た目もカワイイですし。

ただ、しっかりさせるために針金が入っているらしいので
子どもの安全を考えるとちょっと躊躇してしまいます。

IMG_5500

他にも等身大のシロクマさん。
などなど息子と父の魂を揺さぶるものが多くて困ります。

▶ 併設のカフェでランチなど

まだエキシビジョンでやり残したことがあるので戻りたいのですが
その前にミュージアムの上の階にあるカフェでランチを頂くことに。

IMG_5501

この食欲をまるでそそられないブルーバーガー
ですが、カウンターでオーダーして着席してみたところ
周り(特にお子様)はブルーバーガーだらけ。

無難にマルゲリータなど注文した自分は何となく妙な
敗北感を味わうことに。

▶ 再びエキシビションで遊ぶこともできる

食後は再びエキシビジョンゾーンに戻りました。
さあ、B・C・Dと一気に回りますよ!

IMG_5509

と、思ったら『エキシビジョンB 1,300,000』の途中で息子が夢の世界へ。
ド迫力サウンド&映像の最中によく寝れますね、あなた。

で、残りのCとDはと言いますと今回は見送りました。
息子を抱えながら参加しても良かったのですが
また次回の楽しみにとっておくのも悪く無いかと思ったので。

▶ オービィ横浜に行ってみて

当初2時間くらいで回れるかなと計算していましたが
実際には昼ごはん含めて3時間半ほど遊んでしまいました
エキシビジョンゾーンを回るだけでも結構時間がかかります。

朝一番で行く場合は、最初の上映時間までの過ごし方が非常に
重要になると思います。

今回我々はそれぞれのアトラクションの内容が未知数なので
手探り状態でしたが効率の良い回り方がある程度見えました。

人気のB・C・Dは混雑する前に早めに行っておいた方が良さそうです。
シアターは予約制なので上映時間ギリギリまで遊んでいてOK。
ランチは一般的なランチタイムを外して12:00前には席を確保。
午後は残りのエキシビジョンをトライ。
人気が低いF・Gあたりはいつでも空いている印象。

あくまで個人的な感想ですがご参考までに。

コメントを残す