突然息子が吐きました。これはロタ…?

冬の時期になるとロタだのノロだのインフルエンザだの
感染性の病気が流行っている」という話はよく聞きますが

子どもが保育園に通っているといつ持って帰って来てしまうか
ヒヤヒヤものだったりします。
そして得てして持って帰って来てしまうものでもあります。

今回は息子が嘔吐下痢といった症状が出た時のお話を少々。

a0006_001790

▶ タイミングが良いんだか悪いんだか

ちょうど仕事納めを迎えて例年よりちょっと長い冬休みに入った
12月28日の夕食の時、突然それがやって来ました。

いつも食欲モリモリ元気印の息子ですが、その日は珍しく食が進まない様子でした。
「どうした?」と聞いても生返事で表情はうつろ。

疲れたのかもと思い休ませようとしたその時、
その場で大量に位の中の物が逆流してしまいました。

アレルギーか?
いや、特別な食材は使ってないはず。

いや待て。このシチュエーションは見覚えがあるぞ。
一瞬にしてよみがえる昨年同じ時期に家族全員が感染したロタの脅威。

昨年の経験を活かして床やマットは塩素、食器や衣類は熱湯で消毒
家族の協力の元、非常用の割り箸と紙皿・紙コップ
それからイオン水を調達です。

これで一安心。
さぁ、かかってきなさいウィルスよ。
いや、できれば出て行って欲しいけど。

それにしても冬休み第一日目でこれとは。
冬休みは潰れそうだけど、逆に考えれば看病しやすいのでOKですかな。

▶ その後高熱と嘔吐が続いて

夜になると案の定38℃の高熱に発展しました。
脱水症状だけは気をつけないといけませんね。
一応眠れているようなのが不幸中の幸いです。

そう思っていた矢先にふと起き上がってきて
「せんめんきにいく」
と健気にもわざわざ洗面器のところにまで行ってから吐く息子。

夕食の時の大人たちのバタバタな対応の様子を見て
部屋にぶちまけてはいけないと子供ながら本能的に感じたのでしょうか。
泣けてきます。

すぐにでも病院に連れて行ってあげたいところですが、連れて行くこと自体
体力消耗しそうだし、病院でまた他の変な病気もらってきても嫌なので

ここはグッとガマンして見守ることにしました。

▶ 回復が早かったのでロタではない様子

結局次の日も同じような状況でしたが、3日目に入ると嘔吐下痢は止まりました
どうやら菌は出しきった様子です。その後は少しづつ食欲も戻り

IMG_5253

元旦には少し外の空気を吸いに行けるほどに回復しました。

この回復の早さからすると恐らくロタやノロの可能性は低いと思うので
別の感染性胃腸炎みたいですね。早く良くなって良かったです。

▶ 結局原因は何だったのか?

嫁が今回の一連の騒動を保育園のママ友に連絡してみたところ、
どうやら保育園の最終日(12月27日)に感染性胃腸炎の感染者が
息子と同じ組から出ていたとのことでした。

やはり感染元は保育園と考えるのが自然みたいです。
まぁ、恨むつもりはさらさらないですが「やっぱりね」という感じです。

もちろん手洗いうがいの徹底は大前提ですが、
保育園にいる間に潜伏されては手の出しようが無いのが困るところ。

諦めて症状を少しでも軽くする方法を医者に相談しながら
進めていくしか無いんですよね。

コメントを残す