初めてのリゾートホテル「かずさリゾート鹿野山」へ

さて、いよいよ我が家もお盆休み突入です。
という訳で早速本日から家族3人で2泊3日の旅行に出かけております。

今回の旅のテーマは「自然と動物@千葉」。

IMG_2461

時間と体力の許す限り、たくさんの自然と動物に触れて
大人は癒やされて、息子は感性が磨かれて。
そんな動物ざんまいツアーを敢行予定。

さて初日はゆるりと移動しつつホテルに1泊して翌日に備える予定です。
場所は山の上のホテル「かずさリゾート鹿野山」。
翌日行くマザー牧場から車で5分という好条件が一番の決め手でした。

▶ いざ出発

前日まで目一杯仕事した大人2人は飯も忘れて一心不乱に旅行準備。
そんなゆとりのない大人たちを尻目に優雅に腹ごしらえをする息子。

IMG_2362

お皿とスプーンを用意しているにも関わらず、
鍋ごとしゃもじで頂いてます。なかなかワイルド。
頼むからお気に入りのくまモンTシャツにはこぼさないように。

そんなこんなでレンタカーに乗って出発!

IMG_2367

しかし何をトチ狂ったのか「有料道路使わずにんびり行こう」
などと決めてしい、千葉の君津まで行くのに4時間も経過!

さすがに疲れましたわ。
素直にアクアライン使えばよかったと猛省しました。

▶ かずさリゾート鹿野山に到着

IMG_2461

「山の上のホテル」の名前の通り途中から山特有の蛇行した道を
延々と登っていったところにありました。

IMG_2447

先進的!とはいきませんがとてもキレイな印象のホテルです。
お出迎えして頂いた方もとても感じ良く全体的にアットホームな感じです。

ホテル内の設備はそれ程充実していませんが、2歳の息子を連れての
旅行なら特に高望みはしないので問題なしです。

IMG_2458

廊下もとてもキレイにされています。

▶ 早速お部屋でくつろぐ

IMG_2374

今回予約したのは和室。
洋室のベッドだと寝相の悪い息子が落ちる可能性があるので。
これはこれでよい感じ。

IMG_2381

部屋の奥にくつろぎスペースと外が見える大窓。
良くある構成ですね。

IMG_2372

そこから見た外の景色。目の前がすぐゴルフ場です。
人工的な景色ではありますが、緑が多くて落ち着きます。

IMG_2373

こちらは大浴場を外から見た図。この後実際に入ってみましたが
天然の温泉ではないですが、適度に広くて息子も楽しんでました。

IMG_2397

そして、我が家にはない障子に息子の好奇心アンテナが敏感に反応。
なんと障子の開け閉めだけで30分以上費やせます。
破ってしまわないかハラハラドキドキな時間です。

IMG_2377

この他にもタオル掛けや

IMG_2413

玄関探検など。
お父さん色々心配でくつろがないッス。

▶ 特典が付いてきた

今回の宿泊プランには特典が付いていましてその1つがこちら。

IMG_2451

マザー牧場の入場券!しかも人数分!

いや、この入場券が特典で付いてくる事は知っていたのですが
人数分かどうかまでは予約時のプラン内容に明記されて無かったので
正直あまり期待していなかったのですが。でも普通は人数分用意しますよね。

IMG_2728

それともう一つが
マザー牧場のお人形マーモくん

IMG_2733

文字通り喰い付く息子。
ちなみにこのマーモくん。1つだけ謎が。それは

IMG_2730

対象年齢が6歳以上とのこと。
何の変哲もないお人形なんだがハードル高いな。
むしろ6歳未満がNGな理由を教えてほしい。

▶ 夕朝食はホテル内のレストランで

さて話はホテルに戻してと。

IMG_2446

レストランというよりは食堂のような落ち着いた場所で夕朝食を頂きました。
チェックインの時に和洋食を選ぶのですがあえて和食をチョイスしてみました。

IMG_2420

旅館の和食のようで落ち着きます。
おや?息子の分がない?

IMG_2429

と、思ったら配膳されてきました。
ちなみに白い陶器の中は

IMG_2433

スクランブルエッグ。こちらは洋食です。オシャレ。
で、ぺろりと平らげてなおもご飯を求めてくるので

IMG_2442

シャケとシラスののり巻きをつくってあげました。
これが思いの外好評でペロリと食べてました。

▶ かずさリゾート鹿野山に泊まってみて

こんな感じの1泊でした。

当初泊まる予定はなく急遽予約したホテルでしたが思いの外満足でした。
ただ、館内施設などは豊富ではないので期待しない方が良いです。

元々この場所はゴルフ場が多いエリア(ホテルの目の前も
ゴルフ場)ですからゴルファー向けの宿泊地かも知れません。

ただマザー牧場からは間違いなく近いので前日宿泊に
利用するならおススメです。

コメントを残す