WKイベントに参加して思ったことなど

こどもチャレンジのベネッセが販売している
オールイングリッシュ教材の「Worldwide Kids」。

その教材内に登場する可愛いキャラクターが登場する
体験イベント(WKイベント)に息子と一緒に参加してみました。

IMG_5974_960

▶ 3歳までに英語を始めたほうが良いと良く聞くけど

こどもチャレンジに入会していて、かつ今年で3歳になる
息子がいる我が家にはベネッセから英語系教材の誘いのDMが
しつこいほど届きます。

「3歳になる前に始めましょう!」的な。

この「英語は3歳までに始めたほうが良い!」という話はよく聞きますが
個人的には12歳の頃に突然渡米して現地の中学校に突っ込まれたけど、
まぁ何とかやって行けた経験があるので

3歳から始めなくとも必要に迫られたら人間必死に習得するでしょ、
という考えだったりします。教育を押し付けるのも良くないし。

もちろん3歳から学ぶべき明確で納得できる理由があれば
推し進めるかも知れませんが、単なる煽りには踊らされたくないな、と。

でも今回はWorldwideKidsの体験DVDに興味を持って英語の歌や
踊りに反応している息子を見ると体験イベントに参加してみるのも
ありかと思って、体験イベントに申し込んでみたのです。

▶ 当日、新宿の会場へ

IMG_5983

新宿から徒歩10分ほどの場所にある会場へ到着。

IMG_5982

エレベーターを降りると案内板が、いよいよです。

IMG_5956

こちらがショー(?)の会場です。
約12組のファミリーが入っても窮屈感は全くない適度な空間。

IMG_5946

イベントが始まるまではテーブルに置かれているぬいぐるみや

IMG_5953

オモチャや

IMG_5955

絵本などを体験することが出来ます。
子どもを飽きさせない工夫がありますな。

▶ ショーが始まりました

程なくしてイベントがスタート。

歌のお姉さん風のMCが壇上に登場してまずはご挨拶。
非常に慣れた感じの進行で、NHKのファミリーコンサートの超縮小版な感じ。

さて続いてお子様お待ちかねのMimiちゃんが登場すると
子どもたちのボルテージは早くも最高潮へ。

その後は英語の歌に合わせて歌ったり、踊ったり。
歌や踊りのインターバルにはちょっとしたクイズなど無駄のない進行。

ショーの内容自体は体験DVDの歌や物語がメインなので
子どもたちにとっても馴染みがあり、すんなりショーに入り込めます。

と、盛り上がってきたところでショーは終了。
時間にして15分程度ですが、まぁ子どもの集中力を考えれば妥当かなと。

▶ カウンセリングタイム

ショーが終わると保護者向けカウンセリングタイムが始まります。

ベネッセ的にはこちらがメインでしょうが、教材を買う気が薄い
ワタシにとってはショーイベントが終了した時点で満足感でいっぱいです。

IMG_5961

ただ、子どもはショー開始前にもあったオモチャで遊べるので
引き続きテンション高め。写真は絵を指で押すと反応して
英語が返ってくるタイプのオモチャなのですが

IMG_5966

他の子がMimiちゃんとかキャラクターものを好んで選んでいる中
息子はやはりと言うか安定の乗り物チョイス。ブレてないな。

さて、カウンセリングは6箇所のブースに先着順で呼ばれるのですが
我々は入場が9番目だったため少し待つことにしたのですが

先着6組の保護者の番が全く終わる気配無く。
結局30分程待ってもブースが開かなかったので、プレイスペースで
そのままカウンセリングを受けることに。みんな熱心だな…。

で、我々が受けたカウンセリングの印象としては

カウンセリングと言うよりは商品説明(しかもマニュアルっぽい)で、
こちらの質問に対しても的を射た回答が返ってこなかったので
フワッとした内容で終了しました。

▶ WKイベントに参加してみて

イベント自体はとても盛り上がったし楽しかったのですが、
教材の購入は見送ることにしました。
(元々買う気は薄かったので別に良いのですが)

理由は3つ。

1.今始める理由が見つからず

冒頭の3歳で始める理由について、カウンセラーに聞いてみたのですが
「早いに越したことはない」というニュアンスでした。

むぅ。理由としては弱すぎるな。

2.アフターフォローの不安

このWorldwideKidsは約5年分の教材が一括(もしくは分けても数回)
で送られてくるので途方に暮れそうな匂いがプンプンします。

どのように進めるのが良いか、カウンセラーに聞いてみたのですが
「Levelの低い方から進められるペースで進めてください」とのこと。

そうじゃないんだよなー。
別に教材で学ばせるのが目的なのではなく、
価格に見合う結果が出せるのかが重要なんです。

この使い方で良いのか、このペースで良いのか。早いのか、遅いのか。
そもそも順番間違えてないか?など使っていく中で不安を感じると
思うのですが教材の進捗に関するフォローアップメールやマガジンなどは
ないそうなのでマイナスポイント。

3.息子が英語を使えるようになるイメージが描けなかった…

これ一番重要なポイントです。はい。

結局のところ親が英語教材を子どもに買い与える目的って
英語を学ばせるためではなく、英語で人生の選択肢を増やしてあげたい
(進路、就職、プライベート など諸々)という部分だと思います。

少なくともワタシはそうです。

WorldwideKidsのHPや体験イベントではそれを実感することができず
教材の契約には至らず、という事で自分の中で結論付けました。

あ、そういえばイベントの後半に

IMG_5974_960

Mimiちゃんと記念撮影した時の息子はちょっと嬉しそうでした。
ま、それだけですけど。

コメントを残す