大人がヘルパンギーナにかかると重症化は本当だった

前回「子どもが突然ヘルパンギーナにかかりました」で
息子がかかった時の様子をお伝えしましたが、今回は
父親であるワタシがかかってしまいましたのでその様子を。

正直ヘルパンギーナ、甘く見ていました

bb84343fc97e3e7676fd334a09c1d224_s

▶ 熱っぽさと体の節々の違和感から

息子がヘルパンギーナにかかって3日目。
熱も高熱から微熱になり症状も落ち着いてきた頃。

昼ごろから自身に感じていた熱っぽさが夕方くらいには
「あー、これは熱あるな」と確信持てるほどに悪化。
測ってみたら案の定37.8℃。微熱と呼ぶにはちょっと高め。

加えて体の節々が痛みというより力が入らないような
違和感
を感じ、何度か転びそうになる始末。

これは普通の風邪ではないぞ?
と、直感的に思いました。ヘルパンギーナが感染ったか?

▶ 医者に行ってみたら案の定「ヘルパンギーナ」宣告

その日は丁度息子の薬を再調達するためにクリニックへ行く
予定があったため、ついでにワタシも診断して頂くことに。

診断結果は思った通り「ヘルパンギーナ感染」。
発症してから2,3日目がピークになるから気をつけなさい
と、釘を差されてクリニックを後に。

それでもまだこの時は「夜ぐっすり休めば治るんじゃない?」
程度に考えてました。

▶ 息子と同様、昼過ぎから病状のピーク

2日目の朝。ぐっすり休んだ結果は…38.3℃。
しかも頭痛・吐き気・関節痛のおまけ付き。

これはとても出社できん、と即会社に勤怠連絡。
体調不良で休むのは今年初めのノロ以来かな。

更には嫁の母親(近所に在住)に応援要請し、
息子を預かってもらうことに。
これで療養に専念できる。助かった。
※ちなみに嫁はこの時、入院中

恥を忍んで嫁母に応援要請したのは正解でした。

午後になると病状は悪化の一途を辿る一方で
は40℃近くまで上昇するし、頭痛関節痛は酷くなり、
痛みと寒気で眠れないし、吐き気で食べられない

良くなる要素がまるで見当たらない状況に
「いつになったら治るんだ、これ?」
みたいな絶望感を久々に感じました。

▶ 3日目から落ち着いてきた

3日目の朝も快調とはいかず38℃スタート。
ただ、この日から徐々に収束し始めて、夕方には微熱程度に。

2日目がピークで良かったです。
3日目が2日目以上だったら耐えられる自信無かったので。

夜には消化の良いうどんを普通に食べて薬飲んで
ぐっすり休んだらすっかり良くなりました。めでたし。

▶ ヘルパンギーナにかかってみた感想

冒頭でも言いましたが、ワタクシ、ヘルパンギーナを侮ってました。
夏風邪に毛が生えた程度だろうと。

大げさかもしれませんが今回の病状は想像を絶する程辛く
ワタシの社会人生活15年の中でワースト3に入るくらいの衝撃でした。

まぁこの手の話はかかってみて経験しないとピンと来ないと思いますが、
もしお子さんがヘルパンギーナに感染されているとしたらご家族の
二次感染にはくれぐれもご注意ください

ほんと辛かったッス!

コメントを残す