幕張メッセのメガ恐竜展で大喜びの息子

ウルトラマンと並んで息子の2大関心テーマに定着した恐竜。となると夏のイベントは必然的に決まってくるわけでして。

幕張メッセで開催されているメガ恐竜展に足を運んでまいりました。

ティラノサウルスの頭骨

巨大恐竜がお出迎え


幕張メッセは超広いのでメッセの入り口から会場にたどり着くまでに一苦労です。入り口によっては会場まで子どもの足だと徒歩10分くらいかかることも!


ただうちの息子は無駄にテンション高く走っていたので5分ほどで


到着!・・・いや今日はそっちではないです。


そう!こちらです。さすがにお子さまに人気の恐竜イベントだけあってチケットを持参していても30分待ちの大行列でした。


それだけ待つということは、当然それだけ人が入っているということですね。すごい人口密度…。


と、そんな混雑はさておき息子は巨大恐竜に大興奮!これはアパトサウルスかな?


そのすぐ隣にプテラノドンらしき飛行物体も!この翼竜、空中に固定されていたのですがワイヤーで飛んでいればかっこ良かったのに。


そして父が一番好きなトリケラトプス!でもこのピエロ風のペインティングが何を意図しているのか謎。


その他恐竜の次の世代の哺乳類な方々もいたのですが、あまり人気はなく寂しそうでした。

前置きは端折っていいとこ取りが良い感じ

この手の恐竜展はたいてい真打ちの前に前座があるのですが


そうそう。こういうやつ。小学生の自由研究などでは役に立ちそうな枝葉の知識満載ですが、4歳児はあまり興味ないので飛ばしました。


すると真打ちスペースは広く設けられているので意外と空いていたりして良い感じです。「チケット代のもとを取るぞ~」と全制覇するより、焦点絞った方が結果的に時間と労力はセーブできるのでちびっこ連れにはおすすめです。


こちらはディプロドクスの動く模型。動くと言っても同じ動きを繰り返すだけなので子ども騙しですが。まぁ息子は「生きてるの?!」と騙されてましたが子どもなんで仕方ない。

ついに真打ち「トゥリアサウルス」登場!

今回のメガ恐竜展の目玉はキャッチフレーズにもある通り「日本初上陸のトゥリアサウルス」。竜脚形類の中でも最大級の身長30m超え。そのトゥリアサウルスといよいよ


ご対面!と、思ったら半分でした。w
迫力ややダウンですが、それでも高さ・長さともにスケールが大きく見ていて楽しかったです。もちろん息子が一番大喜びでした。

本当に昔はこんな巨大な生物が闊歩していたのか、と考えるとワクワクしますね。しませんか?


その後は人気No.1のティラノサウルスと


どことなくシュールなトリケラトプスの頭骨に挨拶しておしまいです。

「メガ恐竜展」に行ってみて

お子さま向けの夏のイベントといえば外せないのが恐竜展ですが、今回も行って良かったと思います。内容としてはそれほど濃いものではなかったですが、子どもの興味をふくらませるには十分でした。ただ、小学生以上の子どもには少し物足りないかも?とは感じましたが。

でもまた来年もやるならぜひ連れて行ってあげたいと思います。

ちなみに最後のトリケラトプスがやけにシュールな空気を漂わせているなと思ったら


隣にこんな表記が。トリケラファンとしてはそんな知識欲しくなかった…。

コメントを残す