揚げ物に初挑戦!セブンミールの食材セットでエビフライを作ってみる

今回挑戦したのはハンバーグとエビフライ。例によって例のごとくセブンミールの食材セットで作ってみました。


ハンバーグとコーンスープはド楽勝


今回の食材はこちら。ハンバーグはもう出来上がっているし、コーンスープも温めるだけ。

あれ?でもこれはひょっとしてエビフライは油で揚げるのかしら。揚げ物なんてやったことないから一抹の不安がよぎります。注文する前に確認すればよかった。


とりあえず問題は先延ばしにしてまずはハンバーグから着手。おなじみ既にカットされた野菜たちを


盛り付けていきます。


ハンバーグは湯煎ではなく耐熱容器に入れて


チーズとしめじをパラパラとまいたらチンでOK。


ほら。もう出来上がり。見た目がちょっとグチャグチャしているのはトッピングの仕方のせいかもしれません。これは今後の課題。


コーンスープも温めるだけなので、あっという間。冷めにくいので早めに温めて子ども達がヤケドしないよう冷ましておきます。

初めての揚げ物にいろいろ戸惑う

先延ばしにしていた問題に着手する瞬間がやってきました。もうここまで来たら「アブラ、こわい」なんて言ってられません。


早速フライパンに油を1cmほど敷きます。1cmの感覚がよく分からんのですが、こんな感じで良いのかしら。「そんなことも分からないの?」と呆れている方もいるかも知れませんが、これが私の等身大の実力です。

しかも160℃になったら揚げるって言われても、160℃の加減がよう分からん。水なら沸騰具合である程度分かるのですが。

という訳でここで先人の知恵をお借りることに。するとYahoo!知恵袋に超適切な回答が載ってました。すごく分かりやすい。

先人いわく確認する方法は3つとのことで


まずは菜箸でチェック!むむ、これは低温(150℃~160℃)と見て良いのかしら。


石橋叩いてパン粉でもチェック!


ゆっくり広がっているが全体には広がらないため、やはり低温(150℃~160℃)と判断して良いのかな?


ではいざ揚げるチャンス!ということでパン粉にまぶしたエビたちを


フライパンに投入です!ドキドキの瞬間。爆発したりしないかしら、とか意味不明な心配までしてしまいます。


あら。意外と大人しいものなんですね。もっとバチバチ言うのかと思ってました。


気を良くして一気に4本投入。


頃合いを見計らって一部裏返してみるとこんがりきつね色に!エビフライっぽく見えてきました!


ちゃんと揚げ終わったらキッチンペーパーをの上でしばし油抜き。


先ほどのハンバーグとコーンスープと合わせて盛り付ければ出来上がり!やったー。

人生初のエビフライに挑戦してみた結果

今回は初めての揚げ物ということで緊張いたしましたが、スマートには行きませんでしたがなんとか作ることができました。

ちなみにあらかじめ味付けされているのでこの辺はいじる必要なし。子ども達も大好物のハンバーグとエビフライに大横日でした。ここ最近の料理で一番会心の出来だったんじゃないかと。

これでフライの経験も積めたし、料理のレパートリーも増えそうです。今度は自力で挑戦してみたいです。

コメントを残す