話題のグランピング施設『ワイルドマジック』に行ってみました。

都内では珍しいグランピング施設『ワイルドマジック』。
器材や食材などを現地調達できるので、手ぶらでアウトドアを楽しめる
施設として今大いに注目されています。

ワイルドマジック

前から気にはなっていたのですが、偶然にも会社のプロジェクトの
打ち上げがワイルドマジックで行われることになりましたので
その体験レポートなどを。

▶ ワイルドマジックへチェックイン!

場所は豊洲駅から徒歩13分とのこで

豊洲駅

有楽町線を使って豊洲駅に到着です。

IMG_2999

さすがに開発された都市は歩道が広いしキレイです。

ワイルドマジック

この日は異様に暑かったのでとても長く感じましたがようやく到着。
ちなみに実はゆりかもめの新豊洲駅からだと3分らしいので、
素直にそっちを利用すれば良かったかなと。

▶ 突然の別世界

入り口から入るとそこはいきなりキャンプ場!

キャンプ施設

雰囲気ありますね。

IMG_3008

高層ビルとキャンプ場のコラボ。
なかなか絵になります。

▶ バーベキューの準備開始

だだっ広いキャンプ場はサイト(区画)という単位で区切られています。

ドラム缶

このドラム缶に書かれた番号で識別できるようになっています。
そしてその場所には

バーベキューセット

バーベキューセット
さて、火を起こそうにもノウハウが無いが…。

マニュアル

という方にも安心のマニュアル付きです。
キャンプ初心者に優しい設定です。

バーベキューセット

と、言う訳で早速マニュアル通りチャコールを入れて

点火したバーベキューセット

点火!!
おぉ、思いの外勢い良く燃えますな。

▶ 施設内を散策してみる

バーベキューの方はしばらく放置ということらしいので
施設内周辺を散策してみることにしました。

ハンモック

ほほぅ。ハンモックですか。

IMG_3023

案内板も雰囲気あって良いですね!
しかしよく見ると…

ゆりかもめ

バックにゆりかもめが走っていたり。
ま、これも都心ならではですね。

IMG_3032

カフェ?らしいです。
自由に利用可能とのことですが利用している人は
見かけませんでした。

▶ バーベキューのその後

そうこうしているうちに日がかなり傾いてきて

IMG_3053

高層ビルのフロアにライトが灯り始めて
また先ほどとは違う景色が楽しめます。

ランプ

暗くなってくるとライトが提供されます。
結構明るいですが、虫が寄ってこないか心配ですね。
今日は大丈夫でしたが。

IMG_3045

お。野菜が焼けてきました。
いいですね~。

▶ さすがは本格バーベキュー!

バーベキュー

しばらくするとお肉もいい感じに焼けてきました。
食べごろですね!

ここワイルドマジックは『本格バーベキュー』が売り。
外観だけでなく食材や下ごしらえ、調理方法など本場アメリカと
同じものを味わってもらいたいという姿勢が随所に感じられます。

チキン

例えばこのチキンもその一つ。
最初は訳もわからず丸焼きにしていたのですが

ビア缶チキン

後に「ビア缶チキン」というものだということが判明。
半分飲んだビールをチキンに埋め込むのがコツだそうです。

ビールのコクが肉に旨みをプラスして、
かつ蒸発した水分がスチーム効果を呼び
外はパリパリで中はジューシーになるようです。

野外でみんなで肉とビールを頂きながらワイワイと談笑。
この開放感こそバーベキューの醍醐味ですね。

▶ そろそろ終盤

IMG_3066

いよいよ夜も更けて。

花火

食の方はだいぶ落ち着いたので、花火を楽しんでみたり。
ちなみにこの花火は持参です。

焼きそば

そして食は落ち着いたはずなのですが最後の締め「焼きそば」は
別腹らしく、ガッツリ頂いてアウトドア活動終了です。

最後はゴミをまとめて撤収しました。

▶ ワイルドマジックに行ってみて

従来のキャンプと違って手ぶらでバーベキューができてしまう手軽は
本当に新しい発想だし、現代のニーズにマッチしていると感じました。

今回は設備も食材もコミコミのフルセットで参加しましたが、
「器材や食材は自前で用意する!」というこだわり派のために
場所だけ借りられるプランもあるようですので幅広いユーザから支持を受けそうです。

それと都心という立地の良さもポイント。
会社帰りに手ぶらでアウトドア直行なんて事もできてしまいます。
現に今日周りで利用されていた中にもサラリーマン風の方々がいましたし。

今は日帰りを想定された施設になっていますが、今後宿泊用テントが
徐々に増設される予定らしいので今後の発展に期待です。
(宿泊用テントを持参すれば現在でも泊まれるようですが)

コメントを残す