トミカのトレーニング箸は偉大でした

スプーンとフォークの使い方をマスターした息子へ嫁は
次なる試練を与えました。それは「お箸で食べ物を食べる」事。
さすがに2歳児にお箸は難しいだろうと思いきや難なくクリア。

その秘訣は『トミカのトレーニング箸』でした。

トレーニング箸

▶ 何気ないいつもの晩ご飯のはずが

ある晩家に帰ってみると息子の晩ご飯中でした。
平日基本的に帰宅が遅いわたしは息子が起きている時間に帰れる
確率はかなり低いので、ちょっと慣れない光景です。

そのせいか何となく違和感を感じていたのですが
しばらく経ってその違和感は別にあることが判明。

▶ トミカのトレーニング箸を普通に使ってました

トレーニング箸

やや!何と!
息子が箸を使って食事をしているじゃないですか!

どうやら嫁が注文してみたらしいのですが、何ともはや。
あまりにも普通に使えていたので気付くの遅れましたよ。

ちなみにこの食材はトマトを細かく切ったものです。
なかなか上手に掴んでますね。
この他にも豆腐やうどんなどもお手の物です。

恥ずかしながらお箸の持ち方の上手さは既に父を超えましたね。

▶ どんな仕組みなのか?

それにしても初めて使った子どもがここまで使いこなせるとは。
一体どんな仕組みなんでしょうな?

という訳で負けず嫌いの父は実際に自分で持ってみました。

トレーニング箸

指が全然入ってないですが

トレーニング箸

少ない力でお箸の開閉ができるので無問題です。

こうしてお箸の使い方を自然に覚えていくんだとか。
いわゆるアイディア商品ですね。
これ、考えた人本当にスゴイです。尊敬します。

▶ スゴイのはトミカか?息子か?

いや、待て。

もしかしたらトレーニング箸を使いこなしている息子が天才である
可能性もあるな、と思い同じくトレーニング箸を使っているパパ友や
同僚に聞き込み調査を行ったところ

全員一致で「あの箸はスゴイね」という結論に。

そうですかー。
やっぱりお箸の方がスゴかったんですね。
危うくバカ親になるところでした。

コメントを残す