イクスピアリにあるレインフォレストカフェで満喫

イクスピアリ内にある熱帯雨林をテーマにしたレストラン
レインフォレストカフェ」。ジャングル的な内装と
動く動物(オブジェ)など一風変わった演出が面白そうなので
息子を連れて行ってきました。

IMG_6576_1440

▶ 予約困難な超人気店

前回当日予約しようとした際に3時間待ちの洗礼を受け断念した経験を活かし、
今回は事前予約しようとしたのですが今度は100人の団体客の予約があり
事前予約不可との回答が…

何と!当日受付のみと言う事はまた3時間待ちとかあり得るという
ことですか?

それより100人てどんな団体さん?!

と、色々謎と不安を持ちながら当日14:00頃現地へ。
また3時間待ちとか言われたらイクスピアリ内で時間潰す予定でしたが
さすがに今回は時間帯的に空いていたのか15分待ちで入れました。

ちと拍子抜けです。
と、言うか中途半端な時間に食事することになりましたが
入れないよりは全然マシなのでこの際気にしない事にします。

▶ 期待通りのレインフォレストな世界観

店内に潜入するとまず眼に入るのが

IMG_6632

徹底された熱帯雨林の世界観

IMG_7321

入口付近には巨大水槽。これ本当に巨大で大迫力でした。

IMG_7319

もちろん本物の魚が泳いでいます。

IMG_7322

それとカウンター付近には雨の演出などがあり、
なんかテーマパークに来たような気分になります。

▶ ゾウに近い席をゲットしたのですが

さて、予約席以外は空いていて選び放題でしたので

IMG_6640

ゾウが好きな息子のためにゾウさんオブジェの近くの席を選んでみました。
結構リアルです。さぞかし喜んでくれるかと思いきや、

鳴き声が思いの外大音量で、そのせいか怖がってしまいました。

▶ イベントスタート

そんな最中、土曜の恒例のイベントがスタート。
今年開催されるブラジルワールドカップにちなんでか、
店舗のキャラクターのカエルがブラジルのユニフォームを着て登場!

しかも大音量のランバダBGMにノッて激しく踊りながら
広い店内の各エリアにご挨拶。

息子を恐怖のどん底に陥れて下さいました。
まぁ、それはそれとして

IMG_6636

「9番 RONALDO」ってあのロナウド?ですよね。
古くないですか?現役引退してるし。ネイマールじゃないんだ。
※店内暗い関係でピンぼけしててすみません。

▶ 料理の方はと言うと

カフェと名前が付いていますが、結構ガッツリ食べるメニューがメインです。
「T.G.I.Friday」や「Outback」に近い感じ。
今回は遅めのランチと言うことで我々は少し控えめに

IMG_6646

ハンバーグステーキとエビドリアのプレートをみんなで取り分けて

IMG_6644

後はサラダ(3−4人前)と

IMG_6642

サイドオーダーのボテトを頂きました。

味は大味ではなく、どの品も丁寧に作られていて美味しかったです。
また量としても親子(子:2歳)のランチとしては充分でした。
むしろ勢い余ってプレート3つとか頼んでいたら地獄でしたね。危ない。

▶ レインフォレストカフェに行ってみて

話題性のある超人気店でしたので、予約をとるのは一苦労でしたが
それに見合うだけのクォリティ。料理、店内の雰囲気、イベント含め
満足の行く内容でした。

価格帯としては少々高めなのでそう毎回これるものではないですが
特別感を演出したりしたい場合は利用価値は十分あると思います。
もっとも我が家にとっては舞浜に来ること自体特別なわけですが。

また前述のイベントは期間限定なども含め色々開催されるようです。
http://www.rcjapan.com/rfc/event.html

それを狙ってくると更に楽しめるし、お得感があるかもしれませんね。

キッズカフェ「Baby King Kitchen」に寄ってみました

Baby King Kitchen

先日何かの雑誌で東京の高円寺駅から徒歩圏に
Baby King Kitchen」というキッズカフェがある
という情報を得たので息子を連れて行ってみました。

Baby King Kitchen

▶ 高円寺駅から徒歩3分のキッズカフェ

とある日曜日の朝。
突然「バスのりたい!」と曰う息子(2歳)。

でました。「乗りもの乗りたい病」の発作です。

行き先はどちら?と、尋ねてみると「こうえんじ!」と
ピンポイントな答えが返って来たので、お望み通り
国際興業バスに乗って一路高円寺駅へ。

どうせ高円寺駅に行くなら先日知った「Baby King Kitchen
なるキッズカフェにでも行ってみようかと思い

Baby King Kitchen

行ってみました。
薬局の看板が目立ちすぎるので最初見落としてしまいましたが。

Baby King Kitchen

オープンは11:30と一般的なカフェに比べるとちょっと遅め?

Baby King Kitchen

早速入ってみようと階段を昇ります。
このへんから既に雰囲気が伝わってきます。

Baby King Kitchen

ちなみに階段にはかわいいイラスト付き。
いいですね、こういう雰囲気好きです。

Baby King Kitchen

お店に入るといきなり遊具発見!

Baby King Kitchen

インテリアは色々置いてありますが

Baby King Kitchen

きれいにレイアウトされているのでゴチャゴチャとした
印象は受けませんでした。

▶ ご本やオモチャなど盛りだくさん

店内には開店直後にも関わらず既に先客が2組ほど
さすが雑誌で紹介されるだけあって人気なんですね。

Baby King Kitchen

我々が案内されたのはソファ席。
クッション1つとっても子どもが喜びそうなチョイスでグッド!

Baby King Kitchen

テーブルの下は絵本だらけ。

Baby King Kitchen

て、もう手に取ってたのですね。

Baby King Kitchen

下の段はパペットなどのオモチャがズラリ。

Baby King Kitchen

脱力系のライオンさんで遊んであげると息子大喜びでした。
それにしても強くなさそうだな。

ちなみに周りを見る限りではテーブルによってはこの手のオモチャが
あったり無かったりするようで。我々は早めに行ったのが良かったのか
結構オモチャ豊富なテーブルに案内されたのかもしれません。

Baby King Kitchen

窓際に汽車発見!
見つけてしまいましたか〜。

Baby King Kitchen

そこから先は木製の汽車を延々と行ったり来たりの繰り返し。
本当に乗り物好きだな、キミは。

でも線路は窓際にしか置いてないから行動範囲は狭くなって
少し安心かとおもいきや

Baby King Kitchen

線路を脱線して縦横無尽に駆け回り始めました。
フリーダム過ぎるでしょ、その汽車。

▶ 料理はオマケではなく結構おいしい

遊んでいるうちに最初にオーダーしていた料理が登場。
お店の雰囲気はとても良いですが、料理の方はどうかな?

Baby King Kitchen

大人はマルゲリータとカルボナーラをオーダー。
予想以上に美味しくてビックリしました。
いや、侮ってました。すみません。

Baby King Kitchen

こちらがお子様ランチです。
手抜き感は全くなく大人が食べても普通においしかったです。
息子も「おいしいね~!」を連発しながら完食。

Baby King Kitchen

ちなみにお子様ランチを頼むと

Baby King Kitchen

お店オリジナルのバッジがオマケでもらえます。
車のオモチャじゃないと喜ばないかと思いきや
意外と息子はこのバッジが気に入った様子でした。

Baby King Kitchen

食べ終わった後は思う存分お絵かきを満喫。

気付いたら店内満席だったのでそろそろ切り上げようと
声掛けるべく振り向いたら

Baby King Kitchen

あなた誰?

▶ 「Baby King Kitchen」へ行ってみて

雰囲気は楽しく、料理はおいしく、オモチャはたくさん。
息子は大満足だったようです。

店内はテーブル席とソファ席があるのですが、ソファ席率が高いので
比較的安全です。(ソファはちょっとだけシミ目立ってましたけど)

キッズカフェにありがちなチャージ料などは特に無く、
また料理も比較的リーズナブルな価格設定なのでお財布にも嬉しいです。

あえて難点を言えば、駅から最短距離でお店を目指すと
途中で夜の大人向けなお店があるので、子どもの教育上
よろしくはないな、と言うところ。

まぁ、ちょっと回り道すれば回避できるので
大きな問題では無いですが。

高円寺駅、もしくは近隣にお住まいかご用事があれば
お子さんを連れて行ってみても良いかもしれませんね。
と、何ともニッチなおススメをして締めたいと思います。

ムーミンハウスカフェでムーミンたちとご対面!

ムーミンハウスカフェ

東京スカイツリー駅すぐ近くにあるムーミンハウスカフェ。

ムーミンの世界のような雰囲気と、ムーミンファミリーが
相席してくれると話題のカフェに、スカイダックでソラマチに
行ったついでに息子を引き連れて行ってきました。 「ムーミンハウスカフェでムーミンたちとご対面!」の続きを読む…

【Tokyo Baby Cafe】表参道のベビーカフェに行ってみました

Tokyo Baby Cafe

Tokyo Baby Cafeという表参道に相応しいオシャレなベビーカフェが
あるという情報をキャッチしたので、早速行ってみました。

こんなきっかけでもない限り、わたしのような庶民にはなかなか
行く機会無いですからね。実際人生で2回目の表参道です。ドキドキします。

Tokyo Baby Cafe

▶ 店の入口で躊躇する

表参道ケヤキ並木から2本くらい外れた閑静な住宅街の中を練り歩くと

Tokyo Baby Cafe

Tokyo Baby Cafeが見えてきました。
カフェっぽい看板も特にない上に

Tokyo Baby Cafe

入り口をくぐるとデザイナーズハウスと見間違えそうな
オシャレな階段が見えてくるので一瞬躊躇しました。

▶ Tokyo Baby Cafeの店内は落ち着いた雰囲気

Tokyo Baby Cafe

思い切ってドアをくぐると白を基調とした清潔感のある内装
何かもうちょっとポップな感じを想像していたのでちょっと意外です。

Tokyo Baby Cafe

おもちゃエリアも

Tokyo Baby Cafe

絵本エリアもとても小ぎれいにされています。
ここまでキレイだとわたしなんかは逆に落ち着かなくなります。

さてTokyo Baby Cafeは文字通りカフェなので飲み物を注文してみました。
ここに来てコーヒー頼むのも面白味に欠けるので、自家製ジンジャーなど。
ほどよい甘さでおいしかったです!

▶ キッズスペースもゆったり

部屋の・・・、じゃなくお店の一角には大きなソファ
そして中は子どもが遊べるスペースになっています。

Tokyo Baby Cafe

ソファの中はおもちゃだくさんです。

Tokyo Baby Cafe

きかんしゃトーマスのレールセットや

Tokyo Baby Cafe

カラカラ音を立てながら落ちていくおもちゃや

Tokyo Baby Cafe

揺りかご何てものまであります。
でも、これはよその子どもを怪我させないよう注意が必要です。

Tokyo Baby Cafe

ヨーロッパ製の木製おもちゃが多いのが個人的には好きです。
やっぱり木の温かみは良いですね。

▶ 『Tokyo Baby Cafe』に行ってみた感想など

お店の雰囲気は申し分なしです。
静かでゆったりと遊べるので子どもにとっては伸び伸び遊べそうです。
もちろん親御さんもゆっくり過ごせます。

もしソファの様子が直接見れない席になったとしても

Tokyo Baby Cafe

ソファの中の様子を確認できる見守りカメラがあるので安心です。

設備面でもおもちゃや絵本が充実しているのはもちろん
おむつ替えスペースも完備されているので問題なしです。

強いてあげれば価格面がちょっと改善されれば嬉しいのですが。

とは言え食事や設備のクォリティが高いのでそれを維持しようとすれば
必然的に高くなってしまうのは仕方のないことですがね。

ロディとたくさん遊べる!羽田空港の『キッズラウンジ』に行ってみました

ロディ

羽田空港にロディで遊べるカフェがあるのを知ってますか?
キッズラウンジ』というらしいです。

何でもカフェ併設のキッズスペースで遊び放題子どもが遊べるらしいので
実際に羽田空港へ足を運んで確かめに行って参りました。
2014.5.13訂正:
現在はシステムが変更され1オーダーで遊び放題では無くなってしまったようなので訂正しました。

ロディ

▶ 入り口が若干分かりづらいかも

羽田空港

いざ羽田空港に到着。
地図を頼りに目的地付近をウロウロとしますがなかなか入り口が分からず。

キッズラウンジ

この辺りのはずなんだけどなー、と思っていたら

キッズラウンジ

あー!ありました『キッズラウンジ』!
入り口は下の東京食賓館の店内にありました。
何と分かりづらい…

▶ ロディだくさん!

店内、キッズスペースともに想像していたより小ぢんまりとした印象。
ただ、カラフルで明るくて清潔感があるのでそれ程気になりません

ここはロディをコンセプトにしたカフェのようで

ロディ

キッズスペースには大量のロディが転がっています。
数えてはないですが軽く10体は超えるんじゃないですかね。

色とりどりのロディを選び放題ですが

ロディ

目のクマなのかアイシャドウなのか分かりませんが
眼力がハンパないヤツもいたりします。

ロディ

でもただロディに乗るだけなら別に家でもできることですよね。
このカフェならではのポイントは

ロディ

じゃん!
巨大ロディのすべり台です!
これはなかなか見られないですよね。

息子も相当気に入ったようで延々と遊んでました。

▶ 羽田空港の『キッズラウンジ』に息子を連れて行ってみて

連休のためか店内はちょっと混雑していました
もちろんキッズスペースも同じく。

入店した時はそうでもなかったのですが途中から急に
混雑して最後のほうは子どもたちとロディでキッズスペースが
埋め尽くされて何が何だかという状態でした。
(写真が撮れたのは最初のほうだけ)

キッズスペースに良くありがちな滞在時間に応じた
チャージ料が掛かるシステムではなく
1オーダーすれば時間無制限となっているので

お財布には優しいのですがその分混雑しやすいのかな
という感想でした。ちなみにお食事は少々お高めです。(特に大人の分)

2014.5.13削除:
現在はシステムが変更され1オーダーで遊び放題では無くなってしまったようなので訂正しました。
【参考】http://www.at-station.co.jp/menu/

あと年齢層によって遊び方のダイナミックさなどが違うので
2歳児にはちょっと周りに付いていけず戸惑っている様子でした。

でも何だかんだ気に入って遊んでいたようなので良しとします。
親からすれば怪我したり喧嘩したりしないかハラハラものですがね。

ムーミンベーカリー&カフェでプチ贅沢な休憩をしてみる

ムーミンベーカリー&カフェ

東京ドームシティにある『ムーミンベーカリー&カフェ』。

ちょっと一休みと思った時、どうせなら息子が喜びそうな
カフェにしようと思い、父と息子と言う異色のペアですが
あえて周りの目を意識せずに行ってまいりました。 「ムーミンベーカリー&カフェでプチ贅沢な休憩をしてみる」の続きを読む…