大人がヘルパンギーナにかかると重症化は本当だった

前回「子どもが突然ヘルパンギーナにかかりました」で
息子がかかった時の様子をお伝えしましたが、今回は
父親であるワタシがかかってしまいましたのでその様子を。

正直ヘルパンギーナ、甘く見ていました

bb84343fc97e3e7676fd334a09c1d224_s

▶ 熱っぽさと体の節々の違和感から

息子がヘルパンギーナにかかって3日目。
熱も高熱から微熱になり症状も落ち着いてきた頃。

昼ごろから自身に感じていた熱っぽさが夕方くらいには
「あー、これは熱あるな」と確信持てるほどに悪化。
測ってみたら案の定37.8℃。微熱と呼ぶにはちょっと高め。

加えて体の節々が痛みというより力が入らないような
違和感
を感じ、何度か転びそうになる始末。

これは普通の風邪ではないぞ?
と、直感的に思いました。ヘルパンギーナが感染ったか?

▶ 医者に行ってみたら案の定「ヘルパンギーナ」宣告

その日は丁度息子の薬を再調達するためにクリニックへ行く
予定があったため、ついでにワタシも診断して頂くことに。

診断結果は思った通り「ヘルパンギーナ感染」。
発症してから2,3日目がピークになるから気をつけなさい
と、釘を差されてクリニックを後に。

それでもまだこの時は「夜ぐっすり休めば治るんじゃない?」
程度に考えてました。

▶ 息子と同様、昼過ぎから病状のピーク

2日目の朝。ぐっすり休んだ結果は…38.3℃。
しかも頭痛・吐き気・関節痛のおまけ付き。

これはとても出社できん、と即会社に勤怠連絡。
体調不良で休むのは今年初めのノロ以来かな。

更には嫁の母親(近所に在住)に応援要請し、
息子を預かってもらうことに。
これで療養に専念できる。助かった。
※ちなみに嫁はこの時、入院中

恥を忍んで嫁母に応援要請したのは正解でした。

午後になると病状は悪化の一途を辿る一方で
は40℃近くまで上昇するし、頭痛関節痛は酷くなり、
痛みと寒気で眠れないし、吐き気で食べられない

良くなる要素がまるで見当たらない状況に
「いつになったら治るんだ、これ?」
みたいな絶望感を久々に感じました。

▶ 3日目から落ち着いてきた

3日目の朝も快調とはいかず38℃スタート。
ただ、この日から徐々に収束し始めて、夕方には微熱程度に。

2日目がピークで良かったです。
3日目が2日目以上だったら耐えられる自信無かったので。

夜には消化の良いうどんを普通に食べて薬飲んで
ぐっすり休んだらすっかり良くなりました。めでたし。

▶ ヘルパンギーナにかかってみた感想

冒頭でも言いましたが、ワタクシ、ヘルパンギーナを侮ってました。
夏風邪に毛が生えた程度だろうと。

大げさかもしれませんが今回の病状は想像を絶する程辛く
ワタシの社会人生活15年の中でワースト3に入るくらいの衝撃でした。

まぁこの手の話はかかってみて経験しないとピンと来ないと思いますが、
もしお子さんがヘルパンギーナに感染されているとしたらご家族の
二次感染にはくれぐれもご注意ください

ほんと辛かったッス!

子どもが突然ヘルパンギーナにかかりました

今、東京で爆発的に流行しているというヘルパンギーナ
体の表面に現れる水疱瘡や手足口病と違い、炎症や水疱と言った
症状が口内に発生するため比較的検知しづらいウィルス性感染症

この厄介な病気に先日息子がかかってしまいましたのでその体験など。

c0f91fe13d08204746519fec96ac7651_s

▶ まずは高熱から

ある日の日曜日。
その日は朝から息子の動きが鈍いな、とは感じていましたが
「夏バテかも」とそれ程気に留めていませんでした。

しかしお昼寝が終わった息子の顔を見るとかなり赤い。
これはおかしいぞ、と体温を測ってみたら案の定38.4℃

調べてみると日曜日でも営業している小児科を発見。
日曜日なんてどこもやっていないと思ってましたが、
調べてみるものですね。

▶ ちょっとしたパンデミック状態

早速該当のクリニックへ行ってみると患者がウジャウジャ。
わわ!明らかに異常事態とひと目で分かります。
待合室は小じんまりとしているので感染し放題な感じ。

とは言え高熱の息子を灼熱地獄の外に連れ出すのも可哀想なので
仕方なく病院内の隅っこで待機することに。
ちなみにこの時点で38.8℃と少し上がってました。

30分ほど待ってようやく呼び出し。よかった。

▶ 喉の炎症が酷いらしい

まずは尿検査をしましょうと、看護師さんからコップを
手渡されると息子の表情が一変して困った顔に。

「さっきおトイレ行って来ちゃった」と。確かにそうだったな。
「だって出かける前はおトイレに、ってしまじろうが言ってた。」
とみるみる涙目に。そうだキミは悪くない、むしろ正しい。

という事で尿検査は断念して普通の診察のみお願いすることに。

診察の結果は体外に症状は見られないので水疱瘡・アデノウイルス・
手足口病などの可能性は低く、口内の炎症が酷いので
ヘルパンギーナだろうとのこと。やはりそうでしたか。

▶ 結局症状は高熱・腹痛・下痢・食欲不振っぽい

今回発症した症状は以下の通り。

【高熱】
突然高熱が出たので驚きました。
ただ前述のとおり「動きが鈍い」「ダルそう」など僅かなサインは
あった
のでそれを見逃したのは反省すべきところ。

あと初日、2日目ともに何故か昼過ぎから深夜にかけてまでが
高熱を出す時間帯
でそれ以外はケロっとしているのが不思議。

【腹痛・下痢】
2日目から腹痛を訴えるようになりました。
便がかなり緩かったのでそれが原因かも知れません。
お腹にウィルスが溜まっていたのかも。

3日目現在下痢は治まり、腹痛を訴える頻度もだいぶ減りました。

【食欲不振】
さすがに高熱でダルかったのか、食欲は少なかったですね。
それでも頑張っておかゆを食べてくれたおかげで3日目の現在は
体調はだいぶ戻りました。やっぱり食の回復力は偉大です。

食べて寝る。そうこれこれ。

【水疱・できもの】
ヘルパンギーナだと口内によく発生すると聞きますが
うちの子の場合だとそれが無かったのが不幸中の幸いでした。
食べられないと治りが遅いという悪循環になりますから。

▶ 気をつけたこと

まずは高熱で汗をかくので着替えや汗ふきをこまめにすること。
そして水分補給。これが一番気を使った部分です。

その次は食事か。消化に良い物を、とおかゆや緩めのおうどんなど。
あと、冷たいものは避けてとか。

そして二次感染。自分自身が感染したら息子の面倒を見れないし
なにより大人が二次感染すると子どもより症状が酷いと
聞いているので非常に気をつけています。

▶ その後の経過

2日目が症状のピークだった気がします。高熱で休みたいけど
熱すぎて眠れないジレンマで息子のストレスも大変だったと思います。

ただ3日目に差し掛かるとだいぶ症状は収まり食事以外は普段の
生活とほぼ変わらないレベルまで落ち着きました。

今日丁度薬が切れるので再調達に行ってみたところ、経過が良いらしく
「保育園の登園許可出してもいいよ」と先生に言われました。
今回は運良く比較的症状が軽く済んだのかなと思います。

ただ、保育園でも今色々流行っているようなので
しばらくはおばあちゃんのお力添えをお借りして自宅療養で
様子を見ようかと思います。

まぁ、何にせよ大事に至らず良かった、良かった。

サンシャイン水族館に行って正解でした

夏休みに突入し、週末は混雑必至のサンシャイン。
分かってはいても移動時間が短い地元・池袋は
3歳児とのお出かけスポットとして大きな魅力。

と、言うわけでサンシャイン水族館に行って参りました。

▶ サンシャイン到着

ナンジャタウンと反対側の入口に到着すると

IMG_7823

何だ?!ウルトラマンがいるぞ?!
と、脊髄反射的に駆け出す息子。

IMG_7831

近くに寄ってみたら思いの外大きくてビックリ!
なるほど期間限定でウルトラマンイベントやってるんですね。

などと道草食っている場合ではないぞ、息子よ。

時刻は既に9:40を回ったところ。
今日は混雑が予想されるから朝一で行動を起こさぬと
身動き取れずに地獄を見ることになるから一刻も早く水族館へ。

▶ いざ!サンシャイン水族館へ

IMG_7833

やー、着きました。サンシャイン水族館。

IMG_7834

ところが開館10前にも関わらず既にチケット売り場は列が。
ここ、屋外で冷房効いてなく、非常に暑いのでつらい。

これなら前売り券や年間パスポート(2回来館すれば元取れる)
という選択もアリかもしれません。真剣に検討しよう。

IMG_7846

ぶつくさ言いながらもようやく入館。
まずは息子の最近のお気に入り。チンアナゴ発見。

IMG_7854

先に進むとウォーターショーが行われる大きな水槽。
但し、今日はアシカショーを優先するのでこちらはパス。

IMG_7873

反対側にはラッコ。お、かわいい。と、思ったら

IMG_7874

違う!自分が知っているラッコと違う!
こんな直立不動なラッコ初めてみました。

IMG_7861

その後これまた息子が好きなクラゲゾーンと

IMG_7868

マンボウさんのお宅を抜けて

IMG_7880

アマゾンエリアに到着。

IMG_7882

大きなカメ発見。保育園でも亀を飼っているらしく
息子はカメが結構好きみたい。

IMG_7889

だからカメ密集エリアでは動かざること山の如くです。
カメも全然動きませんがいいらしいです。眺めているだけで幸せ。

▶ ペンギンフィーディングを見てみる

IMG_7903

ショーを見るために一旦屋外エリアに出ました。
お目当ては人気のアシカショーですが時間が少し余っていたので

IMG_7925

その前にペンギンのフィーディングタイムを鑑賞。
ペンギンにエサをあげながら生態などについて飼育員さんが
説明してくれるのですが、息子的にはちょっと退屈な様子。

IMG_7965

なのでちょっと気分転換に真後ろのワオキツネザルアルマジロ

IMG_7924

コツメカワウソで気分を紛らわそうとしたのですがことごとく全滅。
みなさんーーー!起きてーーー!

IMG_7914

と、言ったところで起きる訳でもないで
ここは一つターゲット変更。ショー前でお休み中のアシカ

IMG_7918

隣にいる瞑想にふけったオタリアに助けを求めました。
こちらは起きていたので一安心。
どうだ?息子よかわいいだろう…。あれ?息子?

IMG_7908

なるほど、ステージのミストにご執心ですか。
その発想の転換は父にはありませんでした。
まだまだ精進が足りませぬ。

▶ 人気のアシカショーを堪能

IMG_7939

そんなこんなでアシカショーがようやくスタート。
ここのショーステージはフェンスなど囲いがないので
臨場感たっぷり
なのが大の魅力。

その魅力を最大限に享受できる最前列に陣取りたいところですが
さすがに直射日光は厳しいので写真手前のルーフ下で鑑賞しました。

IMG_7940

ショーではアシカ君たちが輪投げキャッチや

IMG_7952

ボールなどを使ったバランス技を披露してくれます。

IMG_7956_960

観客が投げた輪をキャッチするコーナーもあったり。
これは投げた子どもにとっては思い出になるでしょうね。
うちも息子がもう少し大きくなったら投げさせてみたい。

IMG_7960_960

最後はシャボン玉でお別れのご挨拶。
10分位のショーですが、コンテンツが非常にコンパクトに
まとめられて見応えは十分でした。

は~満足。

▶ 頑張れ!ペリカン!

IMG_7966

アシカショーを見た後だと若干見劣りするこちらのコンテンツ。

IMG_7967

そう。ペリカンのフィーディングです。

IMG_7968

ひたすら水に落ちた魚をくちばしの袋を広げながら拾う姿は
コミカルでもありシュールでもあり。コメントし難い。

IMG_7983

挙句の果てには飼育員さんにくちばしをビロ~ンと横に

IMG_7985

そして縦にと伸ばされ放題。それにしても地味だ。
いや、個人的には好きなんですが、いかんせん人気がなさすぎる。

頑張って。ペリカン君たち。
いつか君たちが主役になる日がきっと来る
…かどうかは分からないけど。

▶ これはラッキー!期間限定のバードショー!

ひと通り見るもの見たし、そろそろ帰ろうかと思ったら
この時期限定でバードショーが行われるとのアナウンスが。
内容は全く分からずですがせっかくなので参加してみることに。

IMG_7999

と、開始早々観客の間近を猛禽類が飛来!

IMG_8001

おぉ!ふくろうが超至近距離で飛んでる!
これには息子もビックリして大興奮。

IMG_8015

ふくろうの他にもミミズクも登場。

IMG_8016

と、思ったら今度はフラミンゴ登場!和みますな。

IMG_8020

この子たちは一体どんな芸を見せてくれるのかと思いきや
何周かしたところで出口が開いて

IMG_8021

あらら。そのままご退場。
なるほど。芸はないけど愛嬌があってステキ。

IMG_8026_1440

あとは観客におみくじを届ける芸を披露してくれる白インコ

IMG_8035

オウムが登場しておしまい。
トータルで20分以上ものボリュームあるショーでした。

▶ サンシャイン水族館に行ってみて

夏休み直後の週末でしたので相当な混雑を覚悟して臨んだ
サンシャイン水族館でしたが、頑張って開館と同時に入館したのが
功を奏した
のか、人混みに飲まれること無く楽しめました。

現に我々が水族館を出た時には入り口は長蛇の列になっていたので
午後はすごい事になっていただろうと予想されます。

さてサンシャイン水族館を出た後は、お昼ごはんを食べて、
さて帰りますかというタイミングで

IMG_8087

あ、見つけてしましました。
こちらは期間限定の館内をゆっくり走るトレイン。
当然のごとく乗りたいとせがんで来たので

IMG_8068

サンシャインシティ3F、1周の旅を満喫してまいりました。

「しながわ水族館」に行ってきました

最近は動物園より水族館がお気に入りの息子。

普段なら地元のサンシャイン水族館に行くところですが
たまには少し足を伸ばして見ようとしながわ水族館へ
行って参りましたのでその内容をシェアしようかと。

IMG_7726

▶ 無料送迎バスがあった!

京急沿線でしかも最寄り駅から15分ほど歩くしながわ水族館は
池袋近辺に生息する我らとしては都内にあるにもかかわらず、
近いようで遠い印象でしたので今までスルーしてました。

ただ、今回HPを調べてみたら大井町駅から無料送迎バス
出ているとの情報を入手。これなら乗り換え1回で時間も大幅に
短縮できます!これは使わない手はないでしょう。

IMG_7683

現地に行ってみるとその他の路線バスの並びにありました。
しかもこの送迎バス、子どもが喜びそうなイラストが
車体に施してあるらしいのですが

IMG_7685

残念ながら我々が乗車したのは臨時便だったらしく、
普通の東急バスでした。ちょっとゲンナリ。

IMG_7689

まぁ、気を取り直して出発進行。
ロータリーの植木のイルカを見て息子の機嫌もいくらか
治ったところだったのですが

IMG_7690

しばらく進むと次の便であろう送迎バスとすれ違い、悔しさが再燃。
そう!あれに乗りたかったんです!
父子ともに歯ぎしり。息子ちょっと涙目。

▶ しながわ水族館に到着

そんな珍道中を経て15分程でしながわ水族館へ到着すると

IMG_7693

開館直後にも関わらず既に長蛇の列!
今日から夏休みだからか。油断したか?

と、思ったのですがこちらは割引券を持っている人専用の列らしく
一般券は待ち時間なしで入れました。何だ。

何の標識も無いし、そんな事情はつゆ知らずでしたので
最初の10分ほど列に並んでしまいました。時間を無駄にした。

IMG_7697

入り口を進むとカメ発見!

IMG_7698

さらにウツボ

IMG_7699

そして魚の群れ

IMG_7702

さらに奥に進むと今日一番会いたいと息子が言っていたペンギンの群れ。

IMG_7703

開始10分で今日の目的が達成され早くも感無量な状態。
気合入れてペンギンのイラスト入りの服を着てきた甲斐があって良かったね。

▶ イルカショーに大満足…なのですが

ペンギンのすぐ隣にはイルカショーのエリア。
ショー開始15分ほど前ですがボチボチ席が埋まり始めていたので
ちょっと早いですが我々も席を確保することに。

IMG_7710

ショーに向けて待機中のイルカを眺めたりして待ち時間を
やり過ごそうとしてみたのですが、3歳児にはちょっと退屈。

IMG_7728

それでもショーが始まると集中してみていました。

IMG_7726

ショーの内容は良くも悪くも一般的で無難なメニュー。
大人にはちと物足りないですが、子どもが喜ぶには充分な内容でした。

▶ イルカショーが終わってもまだまだ続く

ここしながわ水族館には他にもアシカやアザラシも
ショーを披露してくれるらしいのですが

息子にとってショーの待ち時間が退屈で仕方ないようで
「おさかな、みたい」とおっしゃるので他のショーは残念ながら回避。

IMG_7742

父さん、アザラシショー見てみたかったなー。
と、未練がましく撮影。

IMG_7759

その後はクラゲ

IMG_7764

カニなど割と地味目の方々にご挨拶してから

IMG_7760

ん?「ふれあい水槽」?

IMG_7761

なるほど。こういう触れ合いですか。
ちょっとくすぐったいけど面白い。

ちなみに息子にもやらせてみようとしましたが
魚が群がってくるのが怖いらしく苦手みたいです。

IMG_7772

最後は大水槽で大きなエイを見ておしまい。

IMG_7794

と、思ったら出口付近に大きなサメ二匹が悠々と泳いでいたので驚き。

IMG_7789

間近でみるとかなりの迫力!
ホオジロザメか?

▶ しながわ水族館に行ってみて

館内はあまり広くなく1時間もあれば一周りできる広さですが、
ショーがそれなりに充実しているので物足りなさは感じませんでした。

子どもの歩みがゆっくりなのもありますが我々の場合、
結局2時間ほど滞在して水族館を出たのはお昼前でした。

ただ前述の通りショー自体はここ独自のプログラムのようなものは
なさそうなのでサプライズ的な要素を期待するのは厳しいかと。

あ、でもアザラシショーは他の水族館では無いので見てみたかったですが。
あのズングリムックリの巨体がジャンプする勇姿は
次回の楽しみにとっておくことにします。

そう言えば帰りも無料送迎バスを利用しましたが

IMG_7798

今回はイラスト付きのバスの乗れて
息子ともども最高の気分で帰りました。

こども動物園で初めてのポニー乗馬

板橋区民の強い味方、無料の「こども動物園」。
これまで何回もお世話になっているこの動物園ですが
今回はポニー乗馬目的で行ってきました。

IMG_7574

▶ まずはおなじみの動物にご挨拶

IMG_7545

さておなじみの門をくぐり、おなじみの動物放し飼いエリアに入ると

IMG_7550

今日は暑いので

IMG_7551

皆さん日陰でお休み中。

IMG_7552

この方もきっと日陰で寝てたんでしょうが
寝てる間に日向になってしまったんでしょうね。
残念。

暑すぎて無反応過ぎるヒツジやヤギは置いといて

IMG_7558

寝ぐせがすごいモルモットを抱っこ。

▶ 3歳から乗れるポニー乗馬

先日3歳になった息子は晴れてポニーに乗れる資格を取得。
以前から3歳になったら乗せてみようと思っていて
今日ようやくその想いが叶いました。

IMG_7577

朝早くに行ったためか、待ち時間なしで乗れました。

IMG_7567

お。なんか様になっているぞ。
と、思うのは親の欲目かも知れません。

IMG_7574

乗馬時間はわずか1分くらいですが、最初にしては充分。
息子も大満足でした。

IMG_7594

ポニー乗馬の後は今度はポニー馬車と今回は今回はポニーづくし。

IMG_7596

こちらも所要時間は1分程度ですが息子大喜び。
乗馬も馬車もご満悦な息子でした。

▶ 初めてポニーに乗ってみて

乗せてみるまでは「落っこちないかな?」とか
少し心配はあったのですが全く問題なしでした。

IMG_7576

乗馬中、親は外から見ているだけしか出来ませんが
スタッフの方がしっかりと身体を支えてくれているので安心です。

ポニーは背が低いのでそれだけ安定感がありますし
乗り場の高さがポニーの鞍と一致していて高低差がないので
乗り降りの事故の心配もなさそうでOK。

と、言うわけで乗馬体験を経てまた1つお兄ちゃんになった
息子のお話でした。