公園のジャブジャブ池がプールじまいしてました

恐らくどこにでもある話だと思いますが、我が地元板橋区ではジャブジャブ池が存在する公園が
幾つか点在しています。夏休みの期間中に解放されているケースが多く前から気になっていたので
この度息子を連れて行ってきのですが…。

早速近場の公園に連れて行ってみる

例のジャブジャブ池が解放される公園は我が家から3歳の息子の徒歩圏内には3つほど。
今回はそのうちの1つを目指して出掛けました。

ちなみに家を出る時点では息子にジャブジャブ池の存在を知らせていません。
いつもどおり公園に出発 > 公園に到着 > プールがある!
と言うサプライズイベントを演出。

しばらくして件の公園に到着。したまでは良かったのですが。

Oh!Closed?

混在を避けるため朝一番に出かけたとはいえ、

IMG_8264
人が少なすぎないだろうか。不審に思い池に近づいてみると中身が空っぽ。
そして隣の掲示板を見た瞬間ワタシの頭も空っぽになりました。

IMG_8271
何と!ジャブジャブ池終了?

夏休み最終週は開いていないとは聞いていたのですが、まさか金曜日が
最終日だったとは!何の根拠もなく日曜日が最終日と思い込んでいました。
完全に当てが外れて立ち尽くすワタクシ。

IMG_8270
そんな父親を尻目に普通に遊び始める息子。

IMG_8266
「だれもいないねぇ!いっぱいあそべるねぇ!」と大興奮。

そうか。キミには公園に遊びに行くとしか言ってなかったからね。
息子的には楽しいイベントの始まりなのですが、父はフクザツな心境です。

で、結局普通に公園に遊びに来ただけのイベントとなってしまいました。

本日の教訓

社会人として当たり前なことですが事前リサーチとスケジュール確認は
必要
だと改めて感じました。

でないと今回のようなサプライズからのハプニングな事件が勃発し、場合によっては
親子の信頼関係に溝が生まれる原因にもなりかねないな、と。

ちなみに別の公園もダメ元で当たってみましたがあえなく全滅。
「きょうは いろんなこうえんにいって たのしいね!」という
純真な息子のコメントにちょっと罪悪感を感じる父でした。

教育科学館の「くらべてびっくり恐竜展」に行ってみました

とある日、息子が通う保育園付近の掲示板に貼りだされていた
恐竜展のポスターを見た息子が「きょうりゅうさん!」と
脊髄反射的反応。そうだった、キミは恐竜が大好きだったね。

入場無料だし、地元だから移動が楽だし。と、いうことで
早速週末に板橋区立教育科学館へ行ってみました。

IMG_8167

▶ まずは恐竜がお出迎え

IMG_8170

入り口から入るといきなりティラノサウルスの模型!
早くも息子大興奮。館内は静かにしてくださいね。

この「くらべてびっくり恐竜展」で比べるのは

IMG_8179

ティラノサウルス

IMG_8178

トリケラトプス
なのですが頭骨のみなのがちょっと残念。

上野の科学博物館で観た恐竜展と比べると
見劣りしてしまうのは致し方無いですな。

ちなみに余談ですが

IMG_8185

この日の息子はティラノサウルスとトリケラトプスの
シャツを着用。コーディネートはバッチリでございます。

IMG_8176

話を元に戻して化石についてですが
上の頭骨以外は大物はなく、強いて言えばエドモントサウルス
足の一部という微妙な標本のみ。

IMG_8177

「これは実物です」とのラベルがありますがそらそうでしょうよ。
レプリカならこんな中途半端な模型は作らんでしょ。

▶ 地下の科学館は発見の宝庫

恐竜展はわずか10分で終了してしまったので

IMG_8182

地下にある科学館フロアで色々見て回ることにしました。
見たこともない装置や仕掛けに好奇心旺盛な3歳児は大興奮。

IMG_8183

大人は乗れないので分からないですが、
息子曰くフワフワで楽しい風船の床や

IMG_8201

風の力で宙に浮くボールや

IMG_8199

専用の装置で光を車体に当てると動くソーラーカーなど
手当たり次第に触って楽しんでいました。

IMG_8192

あ、これは乗り物好きの息子が見逃すはずがないですね。

IMG_8195_720

運転シミュレーターだそうです。
気分はすっかりドライバー。

IMG_8196

ただ、ポリゴンはガタガタだし、動きはカタカタ。

直感的に分かりづらいインターフェースなので
親的にはあまり盛り上がりませんでした。
ただ息子は大喜びだったので良しとします。

IMG_8223

ただ、今回一番のヒットは何故か地球儀。
ええ。あの科学的要素はまるで無い、クルクル回るだけの
地球儀をクルクル回し続けてました。

▶ 期間限定の子供向けプラネタリウムを観る

IMG_8206

未就学~小学生低学年向けのプラネタリウムのプログラムが
上映されると聞いていたので行ってみました。

IMG_8203

上映中の注意もお子さま向け。かわいい。

で、プログラムの中身は童話「3匹の子ぶた」をアレンジした
ストーリーを中心に展開されます。

星座の説明など難しい話は皆無。
ストーリーの端々でキレイな星空が見える程度で
あくまでストーリーが中心。

そのためか子どももお話に集中して静かに鑑賞していました

プログラム上映時間が30分でしたので、集中力が持たずに
途中でグズるかもしれない、と思ってましたが全く問題なしでした。

息子人生初のプラネタリウムは大成功のまま終了。

▶ 教育科学館に行ってみて

今回は恐竜展が目的で行ってみたのですが、科学館フロアや
プラネタリウムなど、意外にも楽しめる要素はたくさんあって
十分堪能できました。

もう少し大きくなれば実験などできるフロアもあるようなので
まだまだこれからお世話になりそうな施設です。

ただ肝心の恐竜展の規模が小さかったのは残念なポイント。
あっという間に終わってしましましたので息子的には
若干消化不良気味。

「きょうりゅうさん、もっと見たい」としょんぼりでしたが
また別のところで会えると諭したら納得したようで

IMG_8230

最初に会ったティラノサウルスに挨拶して帰りました。