「しながわ水族館」に行ってきました

最近は動物園より水族館がお気に入りの息子。

普段なら地元のサンシャイン水族館に行くところですが
たまには少し足を伸ばして見ようとしながわ水族館へ
行って参りましたのでその内容をシェアしようかと。

IMG_7726

▶ 無料送迎バスがあった!

京急沿線でしかも最寄り駅から15分ほど歩くしながわ水族館は
池袋近辺に生息する我らとしては都内にあるにもかかわらず、
近いようで遠い印象でしたので今までスルーしてました。

ただ、今回HPを調べてみたら大井町駅から無料送迎バス
出ているとの情報を入手。これなら乗り換え1回で時間も大幅に
短縮できます!これは使わない手はないでしょう。

IMG_7683

現地に行ってみるとその他の路線バスの並びにありました。
しかもこの送迎バス、子どもが喜びそうなイラストが
車体に施してあるらしいのですが

IMG_7685

残念ながら我々が乗車したのは臨時便だったらしく、
普通の東急バスでした。ちょっとゲンナリ。

IMG_7689

まぁ、気を取り直して出発進行。
ロータリーの植木のイルカを見て息子の機嫌もいくらか
治ったところだったのですが

IMG_7690

しばらく進むと次の便であろう送迎バスとすれ違い、悔しさが再燃。
そう!あれに乗りたかったんです!
父子ともに歯ぎしり。息子ちょっと涙目。

▶ しながわ水族館に到着

そんな珍道中を経て15分程でしながわ水族館へ到着すると

IMG_7693

開館直後にも関わらず既に長蛇の列!
今日から夏休みだからか。油断したか?

と、思ったのですがこちらは割引券を持っている人専用の列らしく
一般券は待ち時間なしで入れました。何だ。

何の標識も無いし、そんな事情はつゆ知らずでしたので
最初の10分ほど列に並んでしまいました。時間を無駄にした。

IMG_7697

入り口を進むとカメ発見!

IMG_7698

さらにウツボ

IMG_7699

そして魚の群れ

IMG_7702

さらに奥に進むと今日一番会いたいと息子が言っていたペンギンの群れ。

IMG_7703

開始10分で今日の目的が達成され早くも感無量な状態。
気合入れてペンギンのイラスト入りの服を着てきた甲斐があって良かったね。

▶ イルカショーに大満足…なのですが

ペンギンのすぐ隣にはイルカショーのエリア。
ショー開始15分ほど前ですがボチボチ席が埋まり始めていたので
ちょっと早いですが我々も席を確保することに。

IMG_7710

ショーに向けて待機中のイルカを眺めたりして待ち時間を
やり過ごそうとしてみたのですが、3歳児にはちょっと退屈。

IMG_7728

それでもショーが始まると集中してみていました。

IMG_7726

ショーの内容は良くも悪くも一般的で無難なメニュー。
大人にはちと物足りないですが、子どもが喜ぶには充分な内容でした。

▶ イルカショーが終わってもまだまだ続く

ここしながわ水族館には他にもアシカやアザラシも
ショーを披露してくれるらしいのですが

息子にとってショーの待ち時間が退屈で仕方ないようで
「おさかな、みたい」とおっしゃるので他のショーは残念ながら回避。

IMG_7742

父さん、アザラシショー見てみたかったなー。
と、未練がましく撮影。

IMG_7759

その後はクラゲ

IMG_7764

カニなど割と地味目の方々にご挨拶してから

IMG_7760

ん?「ふれあい水槽」?

IMG_7761

なるほど。こういう触れ合いですか。
ちょっとくすぐったいけど面白い。

ちなみに息子にもやらせてみようとしましたが
魚が群がってくるのが怖いらしく苦手みたいです。

IMG_7772

最後は大水槽で大きなエイを見ておしまい。

IMG_7794

と、思ったら出口付近に大きなサメ二匹が悠々と泳いでいたので驚き。

IMG_7789

間近でみるとかなりの迫力!
ホオジロザメか?

▶ しながわ水族館に行ってみて

館内はあまり広くなく1時間もあれば一周りできる広さですが、
ショーがそれなりに充実しているので物足りなさは感じませんでした。

子どもの歩みがゆっくりなのもありますが我々の場合、
結局2時間ほど滞在して水族館を出たのはお昼前でした。

ただ前述の通りショー自体はここ独自のプログラムのようなものは
なさそうなのでサプライズ的な要素を期待するのは厳しいかと。

あ、でもアザラシショーは他の水族館では無いので見てみたかったですが。
あのズングリムックリの巨体がジャンプする勇姿は
次回の楽しみにとっておくことにします。

そう言えば帰りも無料送迎バスを利用しましたが

IMG_7798

今回はイラスト付きのバスの乗れて
息子ともども最高の気分で帰りました。

こども動物園で初めてのポニー乗馬

板橋区民の強い味方、無料の「こども動物園」。
これまで何回もお世話になっているこの動物園ですが
今回はポニー乗馬目的で行ってきました。

IMG_7574

▶ まずはおなじみの動物にご挨拶

IMG_7545

さておなじみの門をくぐり、おなじみの動物放し飼いエリアに入ると

IMG_7550

今日は暑いので

IMG_7551

皆さん日陰でお休み中。

IMG_7552

この方もきっと日陰で寝てたんでしょうが
寝てる間に日向になってしまったんでしょうね。
残念。

暑すぎて無反応過ぎるヒツジやヤギは置いといて

IMG_7558

寝ぐせがすごいモルモットを抱っこ。

▶ 3歳から乗れるポニー乗馬

先日3歳になった息子は晴れてポニーに乗れる資格を取得。
以前から3歳になったら乗せてみようと思っていて
今日ようやくその想いが叶いました。

IMG_7577

朝早くに行ったためか、待ち時間なしで乗れました。

IMG_7567

お。なんか様になっているぞ。
と、思うのは親の欲目かも知れません。

IMG_7574

乗馬時間はわずか1分くらいですが、最初にしては充分。
息子も大満足でした。

IMG_7594

ポニー乗馬の後は今度はポニー馬車と今回は今回はポニーづくし。

IMG_7596

こちらも所要時間は1分程度ですが息子大喜び。
乗馬も馬車もご満悦な息子でした。

▶ 初めてポニーに乗ってみて

乗せてみるまでは「落っこちないかな?」とか
少し心配はあったのですが全く問題なしでした。

IMG_7576

乗馬中、親は外から見ているだけしか出来ませんが
スタッフの方がしっかりと身体を支えてくれているので安心です。

ポニーは背が低いのでそれだけ安定感がありますし
乗り場の高さがポニーの鞍と一致していて高低差がないので
乗り降りの事故の心配もなさそうでOK。

と、言うわけで乗馬体験を経てまた1つお兄ちゃんになった
息子のお話でした。

シェラトン・グランデ・トーキョーベイはキッズも満足な要素が盛りだくさん

先日嫁が勤務先で永年勤続の副賞として旅行券を
ゲットしてきたので、普段泊まれないような高級ホテルに
泊まってみようという話になり、東京ディズニーリゾートにある
シェラトン・グランデ・トーキョーベイに行くことになりました。

IMG_6671

▶ ロビーは洗練された大人な空間

正面ロビーから屋内に入ると

IMG_6746

フォッ!
さすがに今まで泊まってきたホテルとはクォリティが桁違いです!

IMG_6789

おや?2階のチェックインカウンター付近の天井が青い?

IMG_6755

と、思ったら天井に星空が!
キレイですなー。

IMG_6760

また、付近にはおしゃれな水槽も。

IMG_6764

フェイクかと思ったら、ちゃんと普通に魚が泳いでます。

IMG_6748

それにしても広い。
とにかく広いです。共用スペースが。

IMG_6780

あまりの広さに探検しまくる息子。
本当に子どもは広々としたスペースが大好きですよね。

IMG_6759

あ、やっとディズニーらしさが。

IMG_6758

我々が来た時は過去のディズニー映画作品が上映されていました。
絵コンテ状態でしたが、息子は夢中で見てました。

▶ フロアはお子さま向け空間

我々が宿泊するフロアはファミリー向けらしく
ロビーやフロント周辺の大人な雰囲気とは一変して
かわいい雰囲気がそこかしこに。

IMG_6742

まずエレベーターを降りるとカワイイ模様のじゅうたんが

IMG_6739

フロア一面に広がっていて
部屋まで続いていました。

▶ カワイイお部屋

IMG_6679

部屋の中も子どもが喜びそうな雰囲気です。

IMG_6681

あ、早速息子が食いつきました。

IMG_6675

ただ、ベッドは高さがあって寝相の悪い息子が落ちないか
若干心配になります。まぁ、普通ホテルのベッドなんて
こんなものだと思いますが。

IMG_6682

一応子供用階段は付いているのですが、問題は昇れるかどうかではなく
寝た後の転落なので不安は解消せず。

IMG_6692

それに階段は息子にとってベッドに昇るものではなく

IMG_6693

壁に描かれたのペンギンとコミュニケーションを取るためのものらしく、
転落はベッドをくっつけるなり息子を壁際に追いやるなどして対処します。

▶ TDL、TDSの夜のショーなどが少し見れる

IMG_6688

窓の外はなかなかの夜景。

IMG_6723

と、思ったら突然レーザービーム(?)が。

IMG_6719

どうやら東京ディズニーシーで行われているショーの演出の様子。

IMG_6733

最後は火山が大噴火して終わり。
恐らく現地は大フィーバーなのでしょうが、一度も見たことがない
我々には何が起きているのか皆目健闘つかず盛り上がりに欠けます。

花火イベントとかなら楽しめそうなんですがね。
ま、そこまで贅沢は言えません。

▶ 朝は一番人気のレストランへ

IMG_6894

朝起きると窓からはディズニーランドや
ディズニーシーが一望できます。

IMG_6897

お、リゾートライン発見!

IMG_6900

そしてこれは昨夜噴火していた火山ですね。
昼間見るとまたひと味違いますね。
欲を言えば晴れてたらもっと見晴らしが良かったかも知れません。

などとのんびり景色を眺めていたらお腹をすかせた家族から
ブーイングされましたので早速朝食を求めてレストランへ。

IMG_6801

場所はここシェラトン・グランデの中でも一番人気があるという
こちらのレストランでビュッフェを頂くことに。
結構混んでましたがこれでも空いている方らしいです。

ホテルオークラ東京の朝食も素晴らしかったですが
シェラトンも全く引けをとらないクォリティです。

IMG_7335

サラダ、ベーコンエッグにパンなど洋食を中心とした
ラインナップが豊富。

また写真はないですがお魚や点心などの和食・中華も結構充実していて
ヤングからシニアまで幅広い層が満足できるビュッフェメニューです。

IMG_7331

もちろんキッズが喜びそうなコーナーも。

IMG_6822

しかもなんと!キッズ用のビュッフェカウンターも!
これは子ども喜びますね。但し取り過ぎに要注意です。

▶ 中庭が広くてキレイ!

食後はすぐ隣りの中庭に出てみることにしたのですが

IMG_6814

これまた広いですな!
この中庭で驚いたのはその敷地もそうですが

IMG_6839

これでもか!と咲き乱れたお花も見どころ。

IMG_6841

花には詳しくないですが

IMG_6844

豊富な種類の花を見れて素直にキレイと感じました。

IMG_6854

ちなみに奥にはチャペルがあるようで、
この時結婚式が行われていました。

IMG_6809

また少し外れに突然パターゴルフが出現。
但しキッズ向けなので

IMG_6818

きのこ

IMG_6862_960

モグラ

IMG_6866

ロケットなどのカワイイ障害物がいっぱい。
カワイイ。

▶ キッズが楽しめるプレイエリアも満載!

IMG_6867

ホテル本館とは別館にあるプレイエリア「OASIS」。
バスケットや卓球、先ほどのパターゴルフなどのスポーツ設備のほか

IMG_6879

キッズのプレイルームなど多少お金がかかる設備が多いですが
果たして何で遊ぶかな?

IMG_6882

と、思ったらハンドル回して運転手になりきるだけで大満足の息子。
いつも通り親思いな息子です。

いや、お金入れてあげても良いんですけどね。
際限ないので我が家では極力お金を入れない方式を採用しております。

IMG_6887

あと、絵本やオモチャで遊べるフリースペースもあるので

IMG_6886

未就学児ならこちらの選択もありですね。
と、言うか遊びすぎでしょ、あなた。

▶ シェラトン・グランデ・トーキョーベイに泊まってみて

今まで海外で系列ホテルを見てきた印象としては
大人向けに洗練された高級ホテルと言うイメージを持っていました。
(実際に泊まったわけではないのであくまでパッと見の印象ですが)

しかし、今回泊まってみてその印象は大分変わりました。

さすがにディズニーリゾートのホテルだからファミリー向けに
設計しないといけない部分もあるのかもしれませんが
少なくとも我が家にとっては大人も子ども大満足なホテルでした。

いい思い出になると思います。

イクスピアリにあるレインフォレストカフェで満喫

イクスピアリ内にある熱帯雨林をテーマにしたレストラン
レインフォレストカフェ」。ジャングル的な内装と
動く動物(オブジェ)など一風変わった演出が面白そうなので
息子を連れて行ってきました。

IMG_6576_1440

▶ 予約困難な超人気店

前回当日予約しようとした際に3時間待ちの洗礼を受け断念した経験を活かし、
今回は事前予約しようとしたのですが今度は100人の団体客の予約があり
事前予約不可との回答が…

何と!当日受付のみと言う事はまた3時間待ちとかあり得るという
ことですか?

それより100人てどんな団体さん?!

と、色々謎と不安を持ちながら当日14:00頃現地へ。
また3時間待ちとか言われたらイクスピアリ内で時間潰す予定でしたが
さすがに今回は時間帯的に空いていたのか15分待ちで入れました。

ちと拍子抜けです。
と、言うか中途半端な時間に食事することになりましたが
入れないよりは全然マシなのでこの際気にしない事にします。

▶ 期待通りのレインフォレストな世界観

店内に潜入するとまず眼に入るのが

IMG_6632

徹底された熱帯雨林の世界観

IMG_7321

入口付近には巨大水槽。これ本当に巨大で大迫力でした。

IMG_7319

もちろん本物の魚が泳いでいます。

IMG_7322

それとカウンター付近には雨の演出などがあり、
なんかテーマパークに来たような気分になります。

▶ ゾウに近い席をゲットしたのですが

さて、予約席以外は空いていて選び放題でしたので

IMG_6640

ゾウが好きな息子のためにゾウさんオブジェの近くの席を選んでみました。
結構リアルです。さぞかし喜んでくれるかと思いきや、

鳴き声が思いの外大音量で、そのせいか怖がってしまいました。

▶ イベントスタート

そんな最中、土曜の恒例のイベントがスタート。
今年開催されるブラジルワールドカップにちなんでか、
店舗のキャラクターのカエルがブラジルのユニフォームを着て登場!

しかも大音量のランバダBGMにノッて激しく踊りながら
広い店内の各エリアにご挨拶。

息子を恐怖のどん底に陥れて下さいました。
まぁ、それはそれとして

IMG_6636

「9番 RONALDO」ってあのロナウド?ですよね。
古くないですか?現役引退してるし。ネイマールじゃないんだ。
※店内暗い関係でピンぼけしててすみません。

▶ 料理の方はと言うと

カフェと名前が付いていますが、結構ガッツリ食べるメニューがメインです。
「T.G.I.Friday」や「Outback」に近い感じ。
今回は遅めのランチと言うことで我々は少し控えめに

IMG_6646

ハンバーグステーキとエビドリアのプレートをみんなで取り分けて

IMG_6644

後はサラダ(3−4人前)と

IMG_6642

サイドオーダーのボテトを頂きました。

味は大味ではなく、どの品も丁寧に作られていて美味しかったです。
また量としても親子(子:2歳)のランチとしては充分でした。
むしろ勢い余ってプレート3つとか頼んでいたら地獄でしたね。危ない。

▶ レインフォレストカフェに行ってみて

話題性のある超人気店でしたので、予約をとるのは一苦労でしたが
それに見合うだけのクォリティ。料理、店内の雰囲気、イベント含め
満足の行く内容でした。

価格帯としては少々高めなのでそう毎回これるものではないですが
特別感を演出したりしたい場合は利用価値は十分あると思います。
もっとも我が家にとっては舞浜に来ること自体特別なわけですが。

また前述のイベントは期間限定なども含め色々開催されるようです。
http://www.rcjapan.com/rfc/event.html

それを狙ってくると更に楽しめるし、お得感があるかもしれませんね。

イクスピアリで半日ブラブラしてみる

東京ディズニーリゾート旅行の2日目。
前日は東京ディズニーランドで目一杯遊んだので
今日はイクスピアリで半日ほどのんびり過ごすことに。

IMG_6605

▶ 土曜日なのに思いの外混んでいない

IMG_6552

宿泊ホテルのシェラトンからシャトルバスに乗って舞浜駅前へ。

IMG_6562

そこから徒歩でイクスピアリへ。

前回訪問した時も確か同じく土曜日の昼下がりで、
その時はかなり混雑していた記憶があったので
今回もそうかと思いきや

IMG_7309

意外とそうでも無いので拍子抜け。
まぁ、空いているに越したことはないのですが。

▶ テーマパークのようなモール

今日はのんびりとイクスピアリ内を散策でもしてみようかと思ったので

IMG_6567

無料で貸し出しているベビーカーを借りてみることに。
無料レンタルの割には結構しっかりした作りのベビーカーです。
さすがディズニー、やるな。

生まれて初めて乗るベビーカーに最初は戸惑っている様子の息子でしたが
徐々に乗り物気分で上機嫌でした。良かったよかった。

で、ベビーカーに乗って

IMG_6615

イクスピアリの外を

IMG_6590

周ってみると

IMG_6618

色々な風景が

IMG_6620

顔を出すので

IMG_6591

散策するだけでも楽しめました。
まるでテーマパークにいるような印象でした。
いや、テーマパーク内ではあるんですけどね。

▶ 興味の先はやっぱりオモチャ

イクスピアリ内を色々周っていると

IMG_6585

あ、危険なお店を発見。
案の定「あそこいく!」と言い出したので

IMG_7314

お付き合い致しました。

IMG_6596

それにしてもよく遊ぶなー。

IMG_6599

おぉ?撮られたので撮り返してやる。

IMG_6589

そして行き着く先はやはり乗り物エリアですね。
鉄板ですね。

ちなみにここのボーネルンドはプレイルーム的な
エリアもあってそこで遊ぶこともできるみたいです。
柔らかいマットが敷いてあるので小さい子も安全。

▶ その後はシネマイクスピアリで

IMG_6572

ひとしきり目一杯遊んだ後は早めの晩御飯にとシネマイクスピアリへ。
ご飯なのにシネマ?と思うかもしれませんが、目指すは

IMG_6578

そう、これ!レインフォレストカフェです。

レストランの内装が熱帯雨林をテーマにした凝った作りに
なっていて、また面白い仕掛けが色々あると聞いていたので
一度行ってみたかったんです。

動く大きなゾウさん人形(?)もあったりするらしいので、
息子も喜んでくれると期待して乗り込んでみました。

>イクスピアリにあるレインフォレストカフェで満喫

ホテルオークラ東京のブレックファーストは最高!

東京ディズニーリゾートに泊まりがけで行ってみたのですが
ブレックファースト(特にフレンチトースト)で有名な
「ホテルオークラ東京」に泊まってみたのでその感想を。

ホテルオークラ東京

▶ お部屋は和室

ホテルオークラ東京

夜のTDLを楽しんだ後、無事ホテル到着。

予約していたのは洋室だったのですが、和室の部屋が
キャンセル入ったようで、好きな方を選んで良いと言う
嬉しいオプションを頂きました。

寝相が悪い2歳の息子のことを考えるとベッドよりは
布団のほうが落ちる心配がないので圧倒的な安心感があります。

多分それを理解した上での部屋選択のオプション提示だと
思いますが、この辺りの気配りはさすが一流ホテルです。

ホテルオークラ東京

部屋は普通ですが落ち着いた雰囲気です。
ベッドがない分広く感じます。この点でも和室で良かったかな、と。

ホテルオークラ東京

それでいて洗面所と

ホテルオークラ東京

お風呂は洋風のおしゃれデザイン。
和室からは想像できない展開にちょっと度肝抜かれました。

▶ さて本命のブレックファースト!

さあ、お楽しみの朝がやって参りました。

ホテルオークラ東京と言えば朝食のクォリティの高さが有名らしく
何でも別のホテルからわざわざここの朝食を食べに来る客もいるんだとか。

IMG_6541

中でも特に人気の高いフレンチトーストらしいのですが
それを頂くならレストラン「テラス」か

ホテルオークラ東京

「フォンタナ」のいずれかがメニューに入っているようですが、
我々は同時にワッフルも食べられる「フォンタナ」をチョイス。

ホテルオークラ東京

それにしても価格3,200円にはビックリ!
宿泊と朝食セットのプランだから勢いで申込み出来ましたが
これ単体だったら完全に怯む価格帯ですな。

では3,200円の実力を見せてもらいましょうか!
と、何故か上から目線で乗り込んでみます。

ホテルオークラ東京

サラダ

ホテルオークラ東京

洋食系

IMG_7297

和食系と食材は非常にバラエティ豊かです。
最初は周ってみるだけでも面白いです。

IMG_7300

他にもクロワッサンなどのパンも豊富に揃ってます。む、やるな。

IMG_7298

バイキングはこの「何を選ぼうかな~」的なワクワク感が
醍醐味ですよね。

IMG_7304

もちろんデザートもバッチリ。

IMG_6521

ですが、忘れてはならないのがフレンチトーストとワッフル
いや、忘れてなんかいませんけどね。
ホイップクリームやドライフルーツも掛けてみたりなんかして。

で、肝心のフレンチトーストのお味ですが、
オムレツみたいにフワフワでした!
あれ、本当にパンだったのか?!と言う印象です。

このフレンチトーストは他では味わったことが無い食感と風味です。
確かに楽天の口コミなどで高評価なのも納得です。

写真の皿は嫁と半分にする予定だったのですが、
一人でペロッと全部平らげてしまい嫁に怒られました。

IMG_6530

食後はとなりのキレイな中庭で

IMG_6532

何故か電車ごっこして遊んだり(模様が線路らしい)

IMG_7242

キッズスペースでちょっと遊んだりなどしてからチェックアウト。

▶ ホテルオークラ東京に泊まってみて

外観やロビースペースなどは正直普通な印象を受けましたが
部屋のキレイさとスタッフさんの気遣い、そしてブレックファースト
についてはさすが一流ホテルの何恥じないクォリティで満足でした。

しかし一流だけ合って宿泊価格も一流級。
今度来れるのはいつの日のことやら。
あのフレンチトースト、しばらく食べられないんでしょうな。

わたしのような庶民にはそう何度も来れる場所では無いですが
一度でも経験出来て良かったです。視野が広がった気がします(ほんとか?)
また頑張ってお金貯めて再来できる日を夢見て。

金曜にディズニーランド行ってみたけどやっぱり混んでました

ディズニーランド

最近保育園でお友達がディズニーランドへ行ったと言う
話をよく聞くらしく、息子が「ミッキーにあいたい!」
と、言うようになってきました。

で、あれば別に断る理由もない(値ははるので頻繁には
行けないですが)息子初のディズニーランドへ行く事に。

自身としても10数年ぶり2度目くらいの来訪なので
新鮮な目線で体験を記していきたいと思います。

ディズニーランド

▶ エントランスから既に混雑

2歳児を人混みの中を連れ回すのは親子共にメリットが無いので
平日(金曜日)に言ってみることにしました。

ところが開園時刻の朝9:00過ぎに到着したにもかかわらず

ディズニーランド

既にこの人だかり。
金曜ですよ?みなさん。おかしくないですか?

平日だし、GW後の5月の週末だしいくらTDLでも空いてるのでは、
という甘い予想はあっさりと覆されました。恐るべし。

イースター

息子が何か気にかけている様子、と思ったら
タマゴを掲げたウサギが。

ディズニーランド

そうか!今、イースターのイベント中なんですね!
そう言えば電車の中吊り広告で見たような気がする。
それも混んでいる原因の1つなのかな。

ディズニーランド

最初のアーケードに入るといよいよTDLにやって来た感じがヒシヒシと。
奥に見えるのがシンデレラ城だよー、と息子に語りかけるも

ディズニーランド

当の息子は風船に釘付け。ま、いいか。

ディズニーランド

でも、アーケードを抜けた先でお城がドーンと顔を出すと
さすがに「おぉ!」と興味津々に眺めてました。しめしめ。

▶ まずは乗り物!ウェスタンリバー鉄道

乗り物大好きな息子にまずは鉄道に乗せてあげようと
ウェスタンリバー鉄道へと向かいます。

ディズニーランド

ですが、初めて見る夢の国に息子は大はしゃぎで
なかなか目的地にたどり着けません。
※真ん中であさっての方向へ走っているのが息子です

カモ

オマケに警戒心皆無なカモが現れたので

カモ

わたしも息子と一緒になって追い掛け回していたら
余計に時間を食って嫁に怒られる始末。

ウェスタンリバー鉄道

そんな寄り道してしまったがためか辿り着いた時には既に列が。
うわー、これは1時間待ちかな?

ウェスタンリバー鉄道

と、思ったのですが回転良いらしく20分ほどで乗れました
助かったー。

ウェスタンリバー鉄道

この鉄道はアメリカ開拓時代から時代をさかのぼって最後はなぜか
恐竜時代までスリップするという設定らしいのですが

ディズニーランド

それよりもディズニーランドの景色を上から見れたり

遊覧船

運がよいと遊覧船や

ビッグサンダーマウンテン

運行中のビッグサンダーマウンテンが見れるので
それが楽しかったりします。

▶ イッツ・ア・スモール・ワールド

続いて一行が向かったのはファンタジーなエリア。目指すのは

イッツ・ア・スモール・ワールド

そうこれ。イッツ・ア・スモール・ワールドです。
実は38年の人生で一度も乗ったこと無いんじゃないかと。

ちなみに並んでいる時に運良く11:00になったので

イッツ・ア・スモール・ワールド

仕掛けが動いて中からワラワラと人形が現れて

イッツ・ア・スモール・ワールド

演奏パフォーマンスしてくれました。
もちろんBGMは「イッツ・ア・スモール・ワールド」。

イッツ・ア・スモール・ワールド

待ち時間は15分ほどでラクラク乗れました。
子供連れにはこの待ち時間は助かります。

イッツ・ア・スモール・ワールド

さぁ、世界の旅へレッツゴーです。

イッツ・ア・スモール・ワールド

色々な国々の人形たちが踊ったりしながら歌を歌ってくれます。

イッツ・ア・スモール・ワールド

もちろんBGMは「イッツ・ア・スモール・ワールド」。
そろそろ洗脳されそうだ。

▶ ちょっと休憩

ここらでちょっと早めのお昼を。
と、思いフードコートを目指していたら

イースター・パレード

グーフィー!

イースター・パレード

プルート!

イースター・パレード

ドナルド&デイジー!

イースター・パレード

なるほど。パレードが始まったんですね
近寄ると揉みくちゃにされそうだったので遠巻きに見てましたが
かなり盛り上がってました。

ディズニーランド

パレードはそこそこに引き上げたおかげでフードコートの
席は難なく確保出来ました。
※実際パレード後に一気に押し寄せてきましたので正解。

それにしてもハンバーガーやポテトの入れ物からしても
徹底してディズニーの世界観出してくるなーと感心していたら

IMG_7136

まさか、バンズまで!頭下がります。
これは子どもが喜ぶはずですな。

▶ グーフィーのペイントハウスは子供受け良し

グーフィーのペイントハウス

お昼の後はグーフィーのペイントハウスへ。

グーフィーのペイントハウス

ただひたすらペイントを発射させてグーフィーの部屋を
模様替えしようというアトラクションなのですが
(実際に弾が発射されるわけではないです)

グーフィーのペイントハウス

やっぱり子どもはこういうのは好きみたいですね。
…いや、わたしも一緒になって楽しんじゃいましたけど。

▶ フィルハーマジックも意外と受けが良かったです

ここで息子がだいぶ眠そうになってきたので
アトラクション系は限界だろうと思い

フィルハーマジック

フィルハーマジックを観てみることに。
鑑賞するだけなのでこれなら多分そのまま寝るのでは、
という息子の入眠しやすさ重視でチョイスしただけでしたが

さすがはディズニー、完成度が高くて思わず見入ってしまいました。

3D映像やクラシックの音響だけでなく、水しぶきがかかる感触や
スイーツの香りが漂ってきたりなど臨場感溢れる演出にビックリ。

結局息子にも面白かったらしく眠気が覚めてしまったようです。
ほほぅ。

▶ 最後はやっぱり乗り物(オムニバス)で締め

息子がすっかり目が覚めた様子なので最後にもう一つ乗り物に
乗ってみようと

IMG_7207

入口付近のエリアを軽く一周する「オムニバス」に乗ってみることに。

オムニバス

2階席に座れると眺め良いので

オムニバス

結構気持ちよかったりします。
所要時間5分掛からない上に待ち時間が殆ど無いのもグッドです。

▶ 金曜日のディズニーランドは…

平日の金曜日にもかかわらず人が溢れているのには本当に驚きました。
それでも土日よりはマシなのだと思いますが人気アトラクションは
1,2時間待ちな状態でした。

ネットで調べたところ、同じ平日でも火・水・木あたりなら
だいぶ混雑度が緩和されるらしい
ので、今度行くときはは
その辺りを狙ってみようかと思います。

我が家はまだ息子が2歳なので人気アトラクションを避けたおかげで
今回は色々回ることが出来ました。
5時間滞在して色々見たり乗ったりできたので大満足です。

キッズカフェ「Baby King Kitchen」に寄ってみました

Baby King Kitchen

先日何かの雑誌で東京の高円寺駅から徒歩圏に
Baby King Kitchen」というキッズカフェがある
という情報を得たので息子を連れて行ってみました。

Baby King Kitchen

▶ 高円寺駅から徒歩3分のキッズカフェ

とある日曜日の朝。
突然「バスのりたい!」と曰う息子(2歳)。

でました。「乗りもの乗りたい病」の発作です。

行き先はどちら?と、尋ねてみると「こうえんじ!」と
ピンポイントな答えが返って来たので、お望み通り
国際興業バスに乗って一路高円寺駅へ。

どうせ高円寺駅に行くなら先日知った「Baby King Kitchen
なるキッズカフェにでも行ってみようかと思い

Baby King Kitchen

行ってみました。
薬局の看板が目立ちすぎるので最初見落としてしまいましたが。

Baby King Kitchen

オープンは11:30と一般的なカフェに比べるとちょっと遅め?

Baby King Kitchen

早速入ってみようと階段を昇ります。
このへんから既に雰囲気が伝わってきます。

Baby King Kitchen

ちなみに階段にはかわいいイラスト付き。
いいですね、こういう雰囲気好きです。

Baby King Kitchen

お店に入るといきなり遊具発見!

Baby King Kitchen

インテリアは色々置いてありますが

Baby King Kitchen

きれいにレイアウトされているのでゴチャゴチャとした
印象は受けませんでした。

▶ ご本やオモチャなど盛りだくさん

店内には開店直後にも関わらず既に先客が2組ほど
さすが雑誌で紹介されるだけあって人気なんですね。

Baby King Kitchen

我々が案内されたのはソファ席。
クッション1つとっても子どもが喜びそうなチョイスでグッド!

Baby King Kitchen

テーブルの下は絵本だらけ。

Baby King Kitchen

て、もう手に取ってたのですね。

Baby King Kitchen

下の段はパペットなどのオモチャがズラリ。

Baby King Kitchen

脱力系のライオンさんで遊んであげると息子大喜びでした。
それにしても強くなさそうだな。

ちなみに周りを見る限りではテーブルによってはこの手のオモチャが
あったり無かったりするようで。我々は早めに行ったのが良かったのか
結構オモチャ豊富なテーブルに案内されたのかもしれません。

Baby King Kitchen

窓際に汽車発見!
見つけてしまいましたか〜。

Baby King Kitchen

そこから先は木製の汽車を延々と行ったり来たりの繰り返し。
本当に乗り物好きだな、キミは。

でも線路は窓際にしか置いてないから行動範囲は狭くなって
少し安心かとおもいきや

Baby King Kitchen

線路を脱線して縦横無尽に駆け回り始めました。
フリーダム過ぎるでしょ、その汽車。

▶ 料理はオマケではなく結構おいしい

遊んでいるうちに最初にオーダーしていた料理が登場。
お店の雰囲気はとても良いですが、料理の方はどうかな?

Baby King Kitchen

大人はマルゲリータとカルボナーラをオーダー。
予想以上に美味しくてビックリしました。
いや、侮ってました。すみません。

Baby King Kitchen

こちらがお子様ランチです。
手抜き感は全くなく大人が食べても普通においしかったです。
息子も「おいしいね~!」を連発しながら完食。

Baby King Kitchen

ちなみにお子様ランチを頼むと

Baby King Kitchen

お店オリジナルのバッジがオマケでもらえます。
車のオモチャじゃないと喜ばないかと思いきや
意外と息子はこのバッジが気に入った様子でした。

Baby King Kitchen

食べ終わった後は思う存分お絵かきを満喫。

気付いたら店内満席だったのでそろそろ切り上げようと
声掛けるべく振り向いたら

Baby King Kitchen

あなた誰?

▶ 「Baby King Kitchen」へ行ってみて

雰囲気は楽しく、料理はおいしく、オモチャはたくさん。
息子は大満足だったようです。

店内はテーブル席とソファ席があるのですが、ソファ席率が高いので
比較的安全です。(ソファはちょっとだけシミ目立ってましたけど)

キッズカフェにありがちなチャージ料などは特に無く、
また料理も比較的リーズナブルな価格設定なのでお財布にも嬉しいです。

あえて難点を言えば、駅から最短距離でお店を目指すと
途中で夜の大人向けなお店があるので、子どもの教育上
よろしくはないな、と言うところ。

まぁ、ちょっと回り道すれば回避できるので
大きな問題では無いですが。

高円寺駅、もしくは近隣にお住まいかご用事があれば
お子さんを連れて行ってみても良いかもしれませんね。
と、何ともニッチなおススメをして締めたいと思います。

だちょう牧場で大勢のダチョウに囲まれて

だちょう牧場

少し前に朝の情報番組でダチョウに関するニュースがありました。
内容は生態についてだったのですが、わたしは埼玉県の新座に
ダチョウを飼っている牧場がある
というところが気になりました。

だちょう牧場

ですので早速行ってみました。

▶ まずは情報収集

テレビに出てきたとはいえ、ネットや雑誌で見たことがない牧場でしたし、
テレビに出たと言っても牧場自体が紹介されたわけではないので
念のため事前に調べてみることにしました。

> だちょう牧場 並木屋

ホームページを見る限りでは
・個人経営で敷地は広くなさそう
・見れそうな動物はダチョウとウサギのみ
・でもダチョウは結構な数いるっぽい
・両方共餌付けできそう(有料だけど良心的)
・入場料、駐車場は無料らしい
と、お金はかからなそうだけど、期待し過ぎは禁物
だということが何となく分かりました。

電車、バスだと若干アクセスが不便なロケーションなので
いざレンタカーを予約していざ出発です。

▶ だちょう牧場へ到着

テレビ効果などで多少混雑するかもしれないので
念のため営業開始ダッシュを狙って10時に牧場付近に到着。

IMG_6885

と、思ったのですがこの手作り感満載の看板を
力いっぱい見逃してしまい付近を1周して仕切り直すはめに。
カーナビでも道1本ズレていていたのも敗因のひとつです。

ちなみに駐車場は区画で分かれているタイプではなく
良く言えば自由に駐車する事ができるフリーアドレス方式です。
都内の駐車場に慣れているとちょっと戸惑います。

収容台数は各ドライバーの駐車スキルに依存しますが
ざっと10台位は問題なく入るのではないかと言うところ。

IMG_6887

駐車して降りてみると牧場の案内図発見!
地図によるといきなり本命の登場なわけですね。
ドキドキします。

IMG_6889

ダチョウの気配は感じませんが匂いはするので
近付いている感じはします。

ダチョウ

いました!ダチョウです!

ダチョウ

しかもいっぱい!

ダチョウ

しかも近い!
もう手を伸ばせば触れる位置にいます。ただ不用意にさわろうとすると

ダチョウ

突付く体勢を取られたので一旦ここは諦めました。
しばらくダチョウ観察を堪能した後、奥に進むと

だちょう牧場

ショップに到着です。
ここで餌付けのエサを買うのだと思うのですが
なんと、11:30頃まで留守にしているとの張り紙が!

え?餌付けを除くと、あとウサギ観察で全工程が
終了してしまうのですが…。あと1時間どうやって過ごそう。

だちょう牧場

と、ショップの前の地図を見るとポニー朝市なる
追加イベントを発見です。1時間の過ごし方をそこに望みを託してみるものの

だちょう牧場

ポニーは近づける雰囲気ではなく遠目で見るだけだし
(後ほど知ったのですがこのポニーはだちょう牧場とは無関係だそうです)

朝市

朝市に至っては

朝市の前

まだ開催されていないようで追加イベントはわずか数分で終了。
結局、当初の予定通りウサギを目指すことに。

ウサギ小屋

あの小屋かな?

ウサギ小屋

正解。
ただ外からは非常に見づらいので中に入ってみたいのですが
ウサギ泥棒と思われても嫌なのでエサがないと入りづらい雰囲気。

▶ ダチョウとウサギの餌付けターイム!

途方に暮れながら最後にダチョウをもう1回見て帰ろうかと
歩き始めたところ、先ほどのショップがオープンしていました。
まだ10:35なのですが…。かなりアバウトですが今は助かります。

中では気さくなスタッフさんがいらして、

ダチョウのエサ

ダチョウのエサ(\100)と

ウサギのエサ

ウサギのエサ(\50)を無事GET。何て良心的な価格!

ウサギ

これでウサギ小屋に進入する大義名分が出来ました。

ウサギ

ただ、全体的に背中を向けて警戒している様子。
まぁ、ウサギだし仕方なしですね。

ウサギ

唯一警戒心が薄そうなウサギさんに与えてみようとするも

ウサギ

プイとつれない感じでした。
多分お腹いっぱいと思われるので無理強いせず本命のダチョウ舎へ。

ダチョウのエサ

フェンスの部分にエサ置き場があるので少しばら撒いてみると

ダチョウ

来た!

ダチョウ

更にエサを追加!

ダチョウ

増えた!
と、言った感じで最終的には3,4羽が入れ替わり立ち替わりな状態に。

ダチョウがエサを食べている時の様子を動画に収めました。
ひたすら突っついてカワイイです。

ダチョウ

なお、先ほどリベンジでエサを食べている隙にちょっとだけ触ってみたら
一瞬こちらを見たのですが

ダチョウ

この時はエサが優先らしく無事触ることがでしました。
やりました~。

▶ だちょう牧場の感想など

敷地の規模は小さく、ダチョウとウサギ以外は何もない牧場ですが
ダチョウの数はざっと見た感じでは10はいたように思いますので
見応えはあると思います。

わたしと嫁がダチョウが大好きなので息子を巻き込んでみましたが
息子も今までダチョウを絵本でしか見たことが無かったので
実物を間近で見て相当気に入った様子でした。

ダチョウ以外は本当に何もないに等しいので正味40分程度の滞在でしたが
ゴールデンウィーク後の小イベントとしては十分だったと思います。

なお同じ牧場でもマザー牧場や成田ゆめ牧場などと
比較するのは野暮というものです。

我々のようにダチョウだけで飯3杯はいけるファミリーなら
主目的もありですが、ちょっと興味があるというレベルなら新座近辺を
通る機会があればついでに寄るくらいの方がスタンスが良いと思います。

こどもの国が予想を遥かに上回る混雑っぷりでした

鯉のぼり

ゴールデンウィークもいよいよ後半戦。
今日は実家近くにあるこどもの国へ行ってきました。

タイトルの通り園内はものすごい混雑でしたが
それでも行けるところに行ってきましたのでそのレポートなどを。

IMG_6851

▶ 開園と同時にIN!と、思ったのですが

前日5月3日に実家に帰って1泊し、4日の朝食後に出発しました。

こどもの国は実家から車で僅か15分足らずなので
ゴールデンウィークの混雑を加味しても9時過ぎに出れば
9時半の開園には余裕で間に合うだろうと思ってたのですが…

IMG_6662_960

全くもって読みが甘かったです。
こどもの国から2.7km地点からこの大渋滞。

IMG_6868

結局予定より1時間程オーバーの10:30前に到着。
ようやく看板が見えてきました。が、駐車場が満車らしいので。
臨時駐車場へと誘導されました。

IMG_6669

石灰で急いで線を引いた感があります。
ちなみに臨時駐車場は園内の広場を使っているので
むしろ正規の駐車場より得した感じでした。

▶ 園内がものすごいことに…

いざ車を降りてあたりを見渡してみると

IMG_6854

人。

IMG_6847

人。

IMG_6843

人で溢れ返っていて某ネズミ世界に引けをとらない人気っぷりに驚愕。

私は物心ついてからこどもの国へ来るのは初めてで、嫁は30年振り。
唯一比較的最近来園したことがある母も平日に孫を連れて行く
機会が多かったので混沌としたこの光景は一同かなりショッキングでした。

IMG_6677

それでも気持ちを奮い立たせていざ牧場方面へ出発!

▶ 目あてのこども動物園に行くだけでも一苦労

IMG_6673

最初のトンネルを抜けて少し言った先に

IMG_6678

園内トレインの乗り場があるのですが連休中は混雑により運休だそうで。
そりゃあの人の波の中を運行していたら大混乱ですよね。

IMG_6714

ちと厳しいですが徒歩で進みます。
今日は夏日で暑いのでまっすぐこども動物園へ向かいます。

IMG_6716

言ってる先から寄り道すなー!

IMG_6720

と、思ったらポニーの乗馬でした。
2歳以上はOKらしく、条件は一応満たしていたものの
長蛇の待ち行列に断念。予定通りこども動物園へ軌道修正します。

▶ 小動物と触れ合えるこども動物園

こども動物園はこどもの国の入場料とは別途お金がかかりますが、

IMG_6739

モルモットウサギと触れ合えたり

IMG_6769

ヤギを始めとした色んな動物にエサやりが出来るので
動物好きな我が家的にはお金以上の価値があります。
それに別料金だからこそ少し空いている、と言うのもポイント。

IMG_6730

比較的人気が低いニワトリ

IMG_6791

ロバなどは独占鑑賞状態です。
なおこのロバさんは何と、昭和48年生まれの40歳
先輩じゃないですか!大変失礼しました。

IMG_6777

あ、あと触れるのはモルモットやウサギと他にヤギもです。

IMG_6789

逆に黒豚は近寄れないだけでなく、

IMG_6795

エサも遠隔からのフィード限定のようです。衛生上の問題かな?

IMG_6797

せっかくなのでおやつを

IMG_6799

流してみました。

IMG_6800

ナイスキャッチ!
この流しそうめんならぬ流しおやつが息子は気に入ったようで
この後何回も流して遊んでました。

エサも尽きたのでそろそろこども動物園を出ようかと思ったら

IMG_6806

出入り口付近に物欲しそうなガチョウを発見。
入口入ってすぐ右手にいたのね、あなた。
気付かなかったよ。すまん。

IMG_6810

と、言うわけで残りカスのようなエサで恐縮ですが与えてみました。
思いの外喜んでくれてよかった、よかった。

▶ その後どこに行っても激混雑

こども動物園を出たら11時半でしたので

IMG_6817

その辺にビニールシートを広げて早めのランチを取って

IMG_6815

食後は息子だけ運動を楽しんでました。
園内混雑とは言えさすがに敷地自体は広いので
写真のように広々と走り回れるスペースは充分にありました。

IMG_6822

ただ、遊具は砂糖に群がるアリのようでしたけどね。

IMG_6823

ましてや今年オープンしたばかりの人気の遊具はもうスゴイことに。

IMG_6827

それでもちょっとだけ果敢に遊んで見る息子。

IMG_6834

ボルダリングもどきや

IMG_6835

迷路のようなスペースも有り、
いかにも子どもが好きそうな作りになっていました。

▶ こどもの国へ行ってきた感想など

こどもの国に限った話ではないかもしれませんが
ゴールデンウィーク期間中に訪問したのはかなりのダメージでした。
久しぶりに人ごみに酔ってしまいました。

ただ、息子はとても喜んで遊んでいたので
近所でダラダラやり過ごすよりはとてもよい思い出
なったのではないかと思います。

また、個人的にはこどもの国の事を良く知らなかったので
今回色々と新しい発見があり面白かったです。

今度は是非もっと空いている時に利用して
他のところも色々と回ってみたいと思います。

大洗リゾートアウトレットへちょっとだけ寄ってみた

大洗リゾートアウトレット

ゴールデンウィーク前半戦の2日目は大洗近辺をウロウロ。

朝一番で人気のアクアワールドに行った後、少し早めの
ランチをとりに大洗リゾートアウトレットへ行って
来ましたのでその感想など少々。

大洗リゾートアウトレット

▶ 南国風のステキな景観がグッド!

期待以上に楽しかったアクアワールドを出たのが11時過ぎ。
日曜日だから混む前にお昼をとってしまおうとそこから車で
わずか5分のところにある大洗リゾートアウトレットへ向かいました。

アウトレット内に一歩踏み込むとそこは

大洗リゾートアウトレット

文字通りリゾートのショッピングモールを彷彿させる
景色が目に入ります。こういう景観、大好きです。
ちなみにこのアウトレットモールは2階建てで

大洗リゾートアウトレット

2階から見るとこんな感じです。
キレイに手入れされていて歩いているだけでも結構楽しいです。

▶ ランチは一般的な店舗が立ち並んでいて無難

ここまで盛り上げておいて何ですが、飲食のお店はこれといった
特徴はなく良くも悪くも一般的なショッピングモールと同様です。

種類は和・洋・イタリアンなど様々あるので店選びに困ることはないかと。
むしろファミリー向けにはこれくらい無難な方が良いかもです。

ちなみに大洗は海沿いなので海産物がウリのようですが、
我が家は何故かイタリアンをチョイス。
お店の名前は忘れましたが美味しかったですよ。

▶ 楽しめるスポット盛りだくさん

ランチが終わったら、遊べるスポット探しです。

海賊船

海賊船「パイレーツ」で海を遊覧したり

広場

色んな遊具が置いてある広場で遊べるようですが

展望台

うちの息子は展望台(5階)と

ボーネルンド

ボーネルンドのお店で延々と遊んで楽しんでました。
お金の掛からないエコノミーな遊び方です。

決して親がそう仕向けたわけではないので悪しからず。

そうこうしているうちにお昼寝の時間がやって来たようでタイムアップ。
東京へ帰ることにしました。

▶ 大洗リゾートアウトレットへ行ってみて

アクアワールド大洗に行ったついでにちょっと寄ってみた程度
だったのですが思いの外遊べるスポットがあって楽しめました。
(もっとも今回はそのスポットのほとんどが手付かずでしたが)

敷地はそれ程大きくなく、入間や幕張のアウトレットモールと
比較すると店舗数の数は若干劣るかな、という印象ですので
ガッツリショッピング目的の方にはちょっと物足りないかも。

とは言えこの付近では最大級のモールには違いないと思いますが。

少なくとも小さな子どもがいるファミリーにとっては充分で
遊具が充実しているので半日は楽しめるのではないかと。

わたしも次回近くに行く機会があれば今回以上に時間をとって
遊んでみたいと思います。

ちなみに展望台はあたりの景色が別段キレイなわけでもなく

展望台

内側はかなり雑なので期待し過ぎるとガッカリすると思うので
あまり期待しすぎない方が良いです。

アクアワールド大洗は想像以上に完成度が高かったです

アクアワールド大洗

今年のゴールデンウィークは茨城への1泊2日旅行で
前日はひたちなか、2日目の今日は大洗に行ってきました。

まずはサメとマンボウの数が日本最大級とのウワサの
アクアワールド大洗へ行ってきたのでその感想などを。

アクアワールド大洗

▶ まずはアクアワールド大洗へ

前日宿泊した水戸プラザホテルから車で海方向へ40分ほど走ると

アクアワールド大洗

無事アクアワールドに到着です。
毎度の通り開館時間を狙ってやって来ましたが

アクアワールド大洗の駐車場

既に専用駐車場には車がいっぱい
さすがに人気ですね。
でも、中はまださほど混雑した様子はなく

水槽

入場直後の魚の群れは最前列で悠々見れました。
息子も「おさかな!いっぱい!」と大喜び。

更に道なりに進むと地下に下って行って

巨大水槽

超巨大水槽とご対面!
かなり大きくて迫力があります。息子も早くもテンションMAX!
ただ、欲を言えば巨大魚を入れてくれればなお良しなのですが。

更に下に進むと深海魚系ゾーンに突入します。
このエリアは薄暗いので泳ぐ魚を撮影するのは一苦労。

サメ

すいすい泳ぐサメはもちろんのこと

カニ

カニでさえこの有り様。
ちなみに手前に写っている息子はカニ以上にブレてます。
そんな状況下でも安心して撮影できる被写体といえば

マンボウ

この方!

マンボウ

そう、超スローモーションなマンボウです。
そう言えば「日本最大級のサメとマンボウの展示数」というのが
このアクアワールド大洗の目玉の1つらしいのですが、

マンボウの群れ

確かに4,5匹のマンボウを一辺に観たのは初めてかもしれません。

▶ 完成度が高いイルカ&アシカショーに大満足

さて第一回目のイルカとアシカのショーは10:00からという事で
ギリギリまでお魚観てから行こうと思っていたのですが

会場の場所をスタッフさんに聞いたところ、
もう少しで満席になるみたいなので急いだほうが良いですよー
と助言されました。

またまたそんなこと言っちゃって~。まだ20分前ですよ?
と、余裕綽々会場に向かってみたところ

イルカとアシカのショー会場

ぉふぁ!
ほぼ満席じゃないですか!

幸いにもこの時点でファミリーが座れそうな残席が2箇所ほど残っていたので
迷うこと無くその内の1箇所を速攻で確保。

助かりましたー。危ない危ない。
これを逃していたら立ち見か1時間半後の第二回戦に参戦するか
諦めるかの選択肢しか残されてなかったです。

さて、何とか席も確保してかくしてショーが始まり始まり~。
ショーの内容は

イルカ

イルカがジャンプしたり

アシカ

アシカがバランス技を魅せてくれたりと
テクニカルな部分で目新しいものはありませんが

「本当に飼育員さんか?」と、さえ思わせるような
飼育員さんのマイクパフォーマンス力の高さのお陰でかなり楽しめました。

イルカとアシカのショー

それとショーの一つ一つがつながっているというか
流れがスムーズでかつスピーディに進行するので
飽きること無く最後まで観れました。

ショーを観た感想は家族満場一致で「大満足」でした。
30分のショーでしたが、楽しくてあっという間だった印象です。

▶ ショーの後はまた海の生物など

ショーの後は屋外に出て魚以外の生物に会いに行きました。

カピバラ

カピバラ?!
あまり水族館にいるイメージ無いのですが。
違和感を感じるのは私だけでしょうか?

ペンギン

それとペンギン

ペンギンの群れ

ペンギンは地上でヨチヨチ歩きしているのもカワイイのですが

水中のペンギン

水中を颯爽と泳ぐ姿もカッコイイので好きです。

海が見える場所

ちなみに屋外は見晴らし良好です。
海のパノラマは場所によってはとてもキレイに観れました。

▶ 再び館内に戻って

生物がいる最後のセクションにやって参りました。
ここにはラッコ

ゴマフアザラシ

ゴマフアザラシ

エトピリカ

それからエトピリカがいました。
と、言うか初めて観ました、エトピリカ。カワイイですね。

▶ アクアワールド大洗に行ってみて

こんな感じで一通り館内を回って終了です。
他にもふれあいコーナーや未就学児が遊べる遊具などありましたが
それらを除けば2時間ほどで主要箇所を回ることが出来ました

マンボウやサメの数や巨大水槽など特徴的なポイントは
いくつかありましたが、個人的にはイルカとアシカのショーが
一番印象に残った気がします

池袋のサンシャインや横浜のシーパラダイスなど今まで
色々な水族館のショーを見てきましたが、一番良かったと
言っても過言ではないです。

正直、今回の旅はひたち海浜公園のネモフィラがメインで
大洗方面はせっかく近くに来たのでついで程度に考えていたのですが
良い意味で期待を裏切ってくれました。

なお、11:00頃にアクアワールドの外に出て見ると

アクアワールド大洗の駐車場

駐車場には来た時より更に車がビッシリ!
館内は広めに設計されているせいかあまり人混みは感じませんでしたが
こうしてみるとやはり人気なんだな、と改めて感じました。

さて、次はお昼で混雑する前に
大洗リゾートアウトレットを目指します。

水戸プラザホテルのコスパが異常なほど良かった

水戸プラザホテル

我が家のゴールデンウィーク前半戦は1泊2日の茨城旅行。
宿泊場所の水戸プラザホテルのクォリティがコストに対し
非常に高くて驚いたので、その内容をシェアします。

水戸プラザホテル

▶ 何故、水戸プラザホテルを選んだのか?

初日はひたちなか、2日目は大洗。
であれば普通は宿泊地はその近辺を選ぶのがセオリーと思いますが
今回宿泊地に選んだのはそれらから車で1時間ほど離れた水戸。

理由はただひとつ。
予約が直前になってしまったので観光地周辺のホテルがほぼ満室で、
水戸まで足を伸ばさないと予約が取れなかったからです。

厳密に言えば4万くらい出せば大洗のホテルにも泊まれたのですが
まぁ予算の関係上、夫婦2人で16,000円の水戸プラザホテルをチョイス。
安いけど口コミでの評価も高いし、ハズレることは無いと信じて。

▶ いざ水戸プラザホテルへ

ひたち海浜公園でネモフィラを満喫したお昼すぎ、少し早いですが
15:00チェックインを狙って水戸市街地へ向かいます。

車での移動がありますが、息子は「ドライブ~」と喜んでいたので
結果オーライです。

ゴールデンウィーク中にもかかわらず1人8,000円のホテルなので
期待し過ぎるのは禁物かなー、と思っていたのですが

水戸プラザホテル

思いの外立派なエントランスに面食らい、

水戸プラザホテル

チェックインを済ませて中庭に入ってみて二度ビックリ。

水戸プラザホテル

ツインルームのお部屋も申し分なし。
ただ寝相の悪い息子(2歳)はベッドのすき間から落ちるかもなので

水戸プラザホテル

イスですき間を埋めてみたら部屋も広々として一石二鳥!
(もちろんチェックアウトの時に元の位置に戻しておきました)

水戸プラザホテル

その他洗面所や

水戸プラザホテル

シャワールームもバッチリきれいです。
本当に8,000円なのか?ちょっと不安になります。

あ、ちなみに窓からの景色は期待はしない方が良いです。
あくまで普通の街中のホテルなので。

▶ 嬉しいサービス色々

ちょうど母の日シーズンだったので

似顔絵

お母さんの似顔絵(?)を書いてフロントに提出すると

IMG_6040

大量のお菓子をゲットできる子どもに嬉しい企画があったりします。
それにしても思いの外大量でちょっと戸惑います。
てっきりポテトチップス1袋くらいかと思ってたので。

水戸プラザホテル

あとウェルカムドリンクサービスも他ではあまり聞いたことがない
珍しいサービス。

水戸プラザホテル

ウェルカムドリンクが振る舞われるリラクゼーションラウンジ
テラスになっていて落ち着いた雰囲気です。

水戸プラザホテル

TVや新聞・雑誌など読み放題らしいです。
我々は19:00頃行ったのですが丁度ディナータイムだったためか
ラウンジは貸切状態でした。ラッキー。

▶ 朝はアメリカン・ブレックファーストなど

今回のプランは何と朝食付きでした。
和洋を選べますが、我々はアメリカンをチョイス。

IMG_6069

メインディッシュをメニューから選んで

水戸プラザホテル

サラダ&ドリンクバーから好きなものをセルフで取ってくるシステム。
サラダ・デザート・ドリンクの種類は若干少ない印象ですが
ガッカリするほどではありません。(人によりけりかもしれませんが)

水戸プラザホテル

それにパン好きの嫁と息子は焼きたてのふっくらパンに大喜び。

水戸プラザホテル

ちなみにテーブルは屋内と中庭スペースを選べるので
小洒落たカフェっぽい雰囲気を狙って中庭席をゲット。

水戸プラザホテル

と、いう爽やかなブレックファーストを満喫してみました。

▶ 水戸プラザホテルに泊まってみて

なぜゴールデンウィークの期間にもかかわらず1人8,000円という
価格設定だったのかは結局分からずじまいですが、

とにかくコストパーフォーマンスは今まで泊まったホテルの中でも
最高峰
と言っても過言ではないレベルでした。

きれいな外観。
数々の嬉しいサービス。
広くて手入れが行き届いたお部屋。

そして偶然かもしれませんがフロント、エレベータホール、ラウンジ、
朝食会場などでお会いしたスタッフさん一人ひとりの対応がとても丁寧で
好感を持てた
のも非常に大きなポイントです。

土地柄リゾートホテルとは言い難いですが、それでも充分リラックスして
過ごせたので大満足
です。

訪問前の期待値が低かっただけに、反動で評価が急上昇した部分も
あるかと思いますが、充分おススメできるホテルと思います。

ひたち海浜公園のネモフィラを目の当たりにして言葉なし

ネモフィラ

さていよいよ始まりましたね。ゴールデンウィーク。

今年はカレンダー上、前半と後半に分断されていて
大型連休とは行きませんが、2歳児の息子はまだ長期間の旅行は
厳しいと思うので無問題です。むしろそのくらいの方が丁度良い。

と、言うわけで前半は1泊2日で茨城のひたちなか・大洗方面へ。
この時期ネモフィラが熱いひたち海浜公園と、マンボウだくさんとの
ウワサのアクアワールド大洗へ行ってきましたのでその感想などを。

▶ 想像以上に大人気なひたち海浜公園

GWラッシュに巻き込まれないよう休日初日にも関わらず6時起床。
我が地元東京板橋を8時過ぎに出発し、車でひたちなかへ。

IMG_6469

少しは早く出発したおかげか、思った以上に混雑はなく
休憩を挟んでも11時にはひたち海浜公園近辺に到着。

ただ、正規の駐車場がどこも満車状態で、誘導のおじさんに従って
近くの臨時駐車場へ向かいました。

IMG_6470

第3ってことは第1、第2があるんでしょうな。
臨時駐車場なのでちょっと公園から遠かった(徒歩8分)のが
ちと辛かったですが

IMG_5874

入り口が見えてきてテンション上がってきました!
広いッ!公園というよりまるでテーマパークの入場口みたいです。

ただ、写真ではわかりづらいかも知れませんが
チケット売り場は既に結構な人だかりが。

雑誌のファミリーでお出かけ特集などでも紹介されるだけあって
さすがにすごい人気です…。
と言っても流れは非常にスムーズで10分ほどでチケットGET!

IMG_5877

いざ入場してみると公園内も相当広そうです。
何せこの巨大な入り口はここ含めて3つもあるらしいですから結構な規模です。
ちなみにここは西口ゲート。通称「翼のゲート」というらしいです。

▶ まずはネモフィラを目指す

いきなり本命?と、思うかもしれませんが、2歳児の行動時間は
とても短いので出し惜しみなどしていられません。ちなみに園内には

IMG_5878

シーサイドトレインなる周遊トレインと

IMG_5886

この時期限定で西側入場口付近とネモフィラが見える「みはらしの丘」を
往復してくれる臨時線
が運行しているようですが

IMG_6479

一旦は歩いてみはらしの丘を目指します。
別に乗車料をケチっている訳ではなく道中

IMG_5902

スイセンなどの花々が

IMG_5907

そこかしこに咲き乱れているので
行きだけも歩いて植物鑑賞を満喫しようかと。

IMG_5913

ちなみに息子は切り株の登り降りや

IMG_5921

かくれんぼと一風変わった楽しみ方をしていましたが、
それもまた徒歩ならでは、です。
そうこうしているうちに開けた場所に到着したら

IMG_5940

おほー!一面菜の花づくめで、まるで絨毯ですなー!こらスゴイ!
それにしてもその向こう側は青いけど湖?

IMG_5954

ん?明らかに違うぞ。これはもしや…

IMG_5967

何と!これがかの有名なネモフィラですね!

ホームページや雑誌で紹介されていた写真もキレイでしたが
本物は迫力が全然違っていて正直圧倒されました。
撮影スキル不足でその迫力の半分も伝えられないのがもどかしいです。

IMG_5975_1200

丘を上ると鐘が置いてあるので取り敢えず鳴らしてみました。

IMG_5971

振り返って先ほど登ってきた道を上から見下ろすとまた違った印象です。
菜の花のとのコントラストがステキ過ぎます。
この景色の特別感は2歳時にも伝わるようで「きれいだねー」と興奮気味でした。

それなら丘の反対側はどうなってるんだろうとドキドキワクワク振り返ると…

IMG_5978

海!!
なのですが絶景とは言い難く少々残念ですがそこはご愛嬌。
工事しているので開発中なのかもしれません。

IMG_5990

麓に降りるとトレインがフル回転状態なので

IMG_6007

息子の激しいアピールもあって翼のゲート付近まで戻るために
乗ってみました。息子、激上機嫌。
ネモフィラ以上に喜んでない?ねぇ?

▶ ネモフィラに引けをとらないチューリップも要チェック!

翼のゲート付近の噴水を挟んで反対側にチューリップのゾーンがあるのですが
これまたスケールがスゴイです。

IMG_6015

このチューリップ群はその一画に過ぎません。

IMG_6494

こんなグループがそこかしこにあり、
奥の方にも延々と続いています。

IMG_6512

そう言えばチューリップって赤・白・黄色だけじゃないのか?
と、思ったのですが

IMG_6508

こちらも立派なチューリップらしいです。へー!

IMG_6491

さすがにこれはチューリップとは別物でしょう!と、思っても

IMG_6490

やはりこれもれっきとしたチューリップらしいです。ほほぅ!

IMG_6498

色・形さまざまなチューリップを家族で満喫。
特にチューリップが大好きな嫁は満足な様子でした。
よかった、よかった。

と、言った感じでひたち海浜公園ツアーは終了しました。
次は宿泊予約した水戸プラザホテルへと向かいます。

▶ ひたち海浜公園に行ってみて

雑誌で紹介されるだけあって、またGW期間中ということもあって
人の入りは結構スゴかったと思います。ただ、公園自体の敷地が
かなり広いので混雑感はあまり感じませんでした。

今回行ってきたのは息子のお昼寝の関係もあって7つあるエリアのうちの
わずか2つに留まりました。滞在時間にして2時間弱ではありましたが
十分に楽しめるスポットでした。

ただ園内施設は民間のテーマパークと比較すると
どうしてもグレードダウン感は否めませんが

それでも入園料は大人410円と国営ならではの破格的価格だし、
コストパーフォーマンスは抜群に良いです。

記事内でも書いた通り大人だけでなく2歳児の息子もネモフィラや
チューリップに夢中でした。そして今回息子が一番関心を示したのは

IMG_6004

工事中のブルドーザー。
やはりそこなんですね。
いや、別に否定はしないんですがね。トレインの件と言い、なんだかなぁ~。

ムーミンハウスカフェでムーミンたちとご対面!

ムーミンハウスカフェ

東京スカイツリー駅すぐ近くにあるムーミンハウスカフェ。

ムーミンの世界のような雰囲気と、ムーミンファミリーが
相席してくれると話題のカフェに、スカイダックでソラマチに
行ったついでに息子を引き連れて行ってきました。 「ムーミンハウスカフェでムーミンたちとご対面!」の続きを読む…

憧れのスカイダックについに乗船!

スカイダック

昨年から運転開始した水陸両用バス「スカイダック」。
サービス開始から予約困難な状況が続いていましたが
この度ようやく息子と乗ってきましたのでその体験などを。

スカイダック

▶ 非常に予約困難だったスカイダック、は昔の話

サービス開始当初は電話でしか予約できず、その電話も
混雑のためか日中ほとんどつながること無く予約できない
日々が続いておりました。

近所の大通りを通るスカイダックを見る度に乗り物大好きな
息子に乗せてあげたいという思いは募る一方。

そんなある日スカイバスに引き続いてスカイダックも
WEB予約開始している
のを公式サイトで確認したので
早速予約してみました。

(日曜朝一番9:20発の便を予約しました。)

▶ 朝一番で乗車場へ

予約と言っても決済は済んでおらず、出発20分前までに発着所で
チケットを受け取らないとキャンセル
になってしまうという
良く分からないシステムが採用されているため無駄に早めに現地到着するはめに。

着いたのは半蔵門線押上駅なので、

スカイツリー

スカイツリーなどを眺めながら発着所がある
スカイツリー駅方面へ向かいます。

IMG_6255

スカイツリー駅側の高台からスカイダックらしき物体を発見!
(写真だと分かりづらいですね…)
駅から少し離れているんですね。

家族でゾロゾロ行くこともないので家族にはスカイツリー駅
付近のムーミンカフェで休んでいてもらい

IMG_6263

私一人でチケット受け取り所へ。
チケットは予約していたので難なく入手したのですが

IMG_6262

気になったのはこちらのボード。
WEB予約の時は満席だったはずなのですが…
当日申し込み分をあらかじめ確保しているということなのでしょうか。

実は当日現地で突撃で申し込んでも結構乗れるのかも知れません。
事実を確認してないので推測の域ですが。

まぁ、深いことは考えずにとりあえず楽しみましょう!

▶ いざ出発!

チケット受け取り後はムーミンカフェでしばし休息し、
出発10分前に再び発着所へ。

スカイダック

いました!スカイダック!
近所で見るのとまた違った雰囲気です。
いよいよこれに乗れるのかと思うとワクワクします。

早速乗車。程なく出発時間となり、いざ出発!

スカイダックの一番の見せ場は何と言っても川へのダイブ
ただ川までは少し距離があるので

亀戸

途中亀戸の街並みなどを楽しみながら旧中川へ向かいます。

旧中川

20分ほどバスで移動するとようやく川へ到着。いよいよですね!
それではこれがスプラッシュの瞬間です。

ガイドさんの呼びかけにより、乗客全員「スカイダーック!!」と叫びます。
入水の瞬間は動画などで事前に見ていましたが現地で経験すると
思ってたより迫力あります。

ただ、一度川に入ると後は非常に穏やかです。
穏やかすぎて迫力に欠けるのは…ま、ご愛嬌ですかね。

▶ その後は…

川から上がるとしばし休憩に入ります。
乗客と言うよりスカイダックが、です。
何でもこの川は塩分濃度が普通の川より高いらしく

スカイダック

川から出た後、洗い落とさないとサビで劣化しやすくなるんだとか。

IMG_6329

と、いう訳で15分ほど高台にあるお土産屋さんっぽいところで過ごすことに。

足湯

入るとすぐに足湯発見。まだ営業時間前らしいですが。
冬などは重宝されそうですね。

チョロQ

息子の方はというとスカイバスとスカイダックのチョロQに釘付けでした。
不動の構えだったので買ってあげましたとも。えぇ。

休憩が終わり、スカイダックの整備も終了すると
いざスカイツリータウンへ。

きた道を戻り発着所へ到着してスカイダックの旅も終了です。
お疲れ様でしたー。

▶ スカイダックの総評価

念願の、と言ったら大げさですがスカイダックに乗れたのは
息子にとっては本当に嬉しかったようで家に帰ってからも
何度もスカイダックの話題を口にしていました。

あと、先ほどのチョロQや

ダック笛

ガイドさんから配布された「ダック笛」(結構大きい音が出ます)が
気に入ったようで延々と遊んでました。

都内では珍しい水陸両用バスの旅は大人目線でも
充分楽しめましたので今回のイベントは総合的に非常に満足でした。

ただあえて難点を挙げるとすればやはり費用面でしょう。
運営規模やメンテナンス性の観点からの価格設定なのだと思いますが
1人2,900円はどうしても割高に感じます。

そこらの動物園や水族館や遊園地より高いので。
でも1回は行ってみても損はないと思います。(個人的観点)

埼玉で電車と徒歩で行けるいちご狩りがあった

そろそろいちご狩りの季節だから家族を連れて行きたい
と、思うものの農園って郊外で遠く行きにくいイメージ。
しかも車でないとアクセスが不便な場合がしばしば。

それが今回、自宅から電車で30分ほどという我らにとって
これ以上ないほどの好条件な農園さんを見つけました。

その名は「ふじみストロベリー」さん。
早速行ってきました。

IMG_6176

▶ 本当にふじみ野駅から徒歩圏内にあった

いや、疑っていたわけではないのですが
ふじみ野駅といえば東武東上線の急行停車駅だし

以前用事があって下車した時、駅前がすごく開けていたイメージが
合ったので「本当にこんなところにいちご農園が?」
というのが正直な気持ちでした。

IMG_6166

実際ふじみ野駅を降りて5,6分歩いてみたものの
農園の匂いは全くせず。むしろ閑静な住宅街。

IMG_6169

ですが徒歩10分を過ぎた辺りから辺りが一変。
のどかな風景になってきたところで見えてきた
ホームメイドな味のある看板。

IMG_6170

看板に従って進むと農園に到着。
ここは予約制ではないので到着と同時に整理券を受付で受け取る
(この受付がちょっと分かりづらい)必要があります。

IMG_6171

営業開始の10:00過ぎに到着したにも関わらず21組目…
10組ずつ時間をずらしているようなので我々は3巡目。
待ち時間にして30分程度。結構人気あるんですね。

▶ 待ちに待ったいちご狩りスタート!

お預け状態の息子の精神状態が危機的状況にまで
追い詰められた頃、ようやく狩りがスタート!
発狂する前でよかった。

制限時間は「スタートから1時間くらいしたらご退場ください」
とのこと。何ともゆる~い設定。

まぁ1時間以上も居ることは無いと思いますけどね。
1時間も狩り続ければいい加減満足するだろうし。
ビニールハウスの暑さに耐えられなくなるだろうし。

それはそうと、早速ビニールハウス内に突入。

IMG_6177

おぉ!いちご沢山!
採り放題の狩り放題です!

IMG_6185

いいか?息子よ。
こういう赤くなっているいちごをとって食べるんだ。

IMG_6193

って、説明しようと思ったら既に手にとってました?
しかも父が採取したいちごより微妙に美味しそう。
参りました。

その後息子は食欲の神が降臨したかの如く
千切っては食べ、を繰り返し

IMG_6201

この有り様。
限度を知らない3歳児、恐るべし。

いくら食べ放題とは言え、やり過ぎました。
農園の方に申し訳ないです。

▶ 「ふじみストロベリー」のいちご狩りに行ってみて

ふじみ野駅から徒歩15分(子どもと一緒だともう少しかかる)
と言うアクセス条件はかなり魅力的でした。

逆に車で行くと駐車場が枯渇しやすそうでしたので
探すのに苦労するかもしれません。

また来客人数に対して受け入れ体制が明らかに不足していて
待ち人が溢れかえっていました。
朝一番に行かないと結構待たされるので要注意と思います。

ただ、それらを差し引いてでも近場で数時間程度で
いちご狩りを楽しめたのはいちご以上に大きな収穫でした。

あと、いちごは何種類かあるようでしたが
ラベルが無いのでどのいちごがどの種類か分かりづらいのが
ちょっと残念でした。多分美味しかったのが章姫だと思うのですが。

でも来年も継続されていたらぜひ行ってみたいと思います。

IMG_6205

あ、最後に駅から農園付近までバスが通ってますが
あまり期待しない方が良いと思います。

IMG_6206

恐ろしいほど本数が少ないので。
我らが「帰りはバス使ってみようか?」などと気軽に
バス停を覗いた時の絶望感といったら、もう。

エプソン品川アクアスタジアムへ初めて行ってみた

JR品川駅から徒歩数分と非常にアクセスしやすい
エプソン品川アクアスタジアム」ですが、
今まで行く機会が無く存在を知るのみでした。

今回その機会がようやく訪れ、
初のエプソン品川アクアスタジアム訪問してきました。

IMG_6111

▶ 品川駅から徒歩5分で近い

IMG_6060

品川駅を降りると駅前商業施設のWingは人混みな状態。
平日はそれ程混んでいるイメージ無かったのですが
さすがに休日は混むんですね。

IMG_6062

そのWingの少し先に件の「エプソン品川アクアスタジアム」。
徒歩が短いのは子供連れにとっては非常に助かります。

▶ テンポよく進める

入館するとまず眼に入るのは

IMG_6066

いきなりの巨大水槽

IMG_6068

そして水中トンネル

IMG_6077

サメを真下から撮ってみたの図。
心なしか若干不機嫌そうです。

IMG_6096

うぉ?!何だこの高速な物体は?

何と!こんな活発に泳ぎまくるペンギンは久しぶりに見ました。
だいたい地上でペタペタのんびり歩いてる姿を見ることが多かったので。

▶ 早速メインイベント!イルカショーを観る

IMG_6111

その後道なりに進むとスタジアムに到着。

IMG_6115

ここではイルカショーが観れます。
会場は円形で360℃どこからでも見れる面白いレイアウト。

他のエリアは限られたスペースを上手く活用しながら
色々なコンテンツを凝縮しているイメージですが

このショー会場は結構贅沢にスペースを使ってます。
それだけ力を入れているのが分かります。

▶ 実はこっちが本命?盛り上がってたアシカショー

イルカショーが終わったらそのまま流れるように
アシカショーへと足を運びます。

IMG_6143

こちらのショーでは2匹のカリフォルニアアシカが

IMG_6145

それぞれ得意のパフォーマンスを披露してくれます。
そしてそれぞれのパフォーマンス中の歓声の音量を
競い合うという面白い試みもあります。

ちなみにこの日ショーを見せてくれたのは
プッチくんとサラサちゃん。

IMG_6157

で、勝ったのはプッチくん。
最後に勝利の勝鬨をあげていました。

▶ エプソン品川アクアスタジアムに行ってみて

品川駅から徒歩数分とアクセスしやすい環境ですが
どうしても全体的にスケールが小さく感じるのは
致し方ないのかな、とは思います。

行くところがある程度限られていて一方通行になりやすいですが
ポジティブに捉えれば目的地が明確で迷わないとも言えます。

郊外にあるだだっ広い水族館のような自由度はないものの
車がなくても行けるし、小さい子供連れでしたらむしろ
丁度良い広さかもしれません。

あとはウリとなるポイントが分かりづらかったので
ダラダラと過ごしてしてしまった気もします。

例えば八景島のジンベイザメ、葛西臨海水族園のマグロ
しながわ水族館のアザラシショーみたいなものがあれば
メリハリが付いて楽しさUPだったのかもしれません。

個人的にはアシカショーが色々な試みがあって面白かったので
もっと前面に押し出してもいいのにな、と感じました。

DWE(Disney’s World of English)の体験会に行ってきました

DWE

ディズニー公認の子供向けオールイングリッシュ教材「DWE」。
他社の同様の教材と比べると非常に高額な値段設定なので
庶民のワタシの感覚だとしり込みしてしまうのですが

体験会なるものがあると知りまして、
行くだけタダなら行ってみようではないか、
という軽い気持ちで行って参りました。

DWE

▶ 体験会の会場へ

場所は新宿から徒歩10分ほどの場所。

IMG_6007

思ったより小ぢんまりとしたビルで少し不安が。
ファーストインプレッションはベネッセの圧勝ですね。
(前回ベネッセのWorldwideKidsの体験イベントに参加した)

IMG_6006

会場はイベントスペースというより、英会話レッスンの教室を
そのまま利用している感じです。

▶ 体験会と言うより説明重視…でも好印象

WorldwideKidsの体験イベントではキャラクターショーで
会場全体を盛り上げてから各家族ごとの説明・相談タイム
という流れだったのですが

DWEの体験会は子どもはプレイスペースで遊ばせておいて
親へのマンツーマンの説明が初めから展開されます。
と言うか終始説明がほとんどでした。

とは言え、商品の売り込みっぽさはあまり感じないので
素直に聞けます。

日本人はなぜ先進国の中でも飛び抜けて英語が苦手なのか。
英語を覚えるのに良いタイミングとは。
など、今までモヤモヤしていた疑問が数字や図解で説明されると
非常に説得力があり納得
できましたし、

教材をどのタイミングでどのように活用していくのか。
また親は何をすればよいのか。
など、DWEを使って息子に英語を学ばせているシーンを
イメージできた
ので説明が非常に上手だったのだと思います。

▶ DWEの体験会に参加して

ビルの外観、会場、カウンセラーの第一印象は期待値を下回り
不安を感じましたが、実際にお話しているとその不安は次第に薄れ
プレイスペースで勝手に遊んでいる息子そっちのけでお話に聞き入ってました。

教材の体験タイムなどもあるにはあるのですが、あくまで親への説明がメイン。
この辺りはかなり徹底されていてむしろ好感が持てます。

比較するのはちょっと失礼ですが前回ベネッセの英語教材
「WorldwideKids」の体験イベントでは

1.今始める理由が見つからず
2.アフターフォローの不安
3.息子が英語を使えるようになるイメージが描けなかった...

の3つの要素が原因で契約せず撤退しましたが

1.今始める理由が見つからず
 →3歳頃から日々自分の周りで流れる言語で脳が確立されていくので
  その前に始めるべき

2.アフターフォローの不安
 →月一の親向けマガジンが発送される。使い方や他の方の体験談など。
  それ以外にも電話でのサポートも受付。

3.息子が英語を使えるようになるイメージが描けなかった…
 →歴史が長いため成功事例が多いのはポイント高。

と言った具体に今回は見事全て解消されたので

IMG_6030

思わず買ってしまいました!
全ては息子の将来のために。

WKイベントに参加して思ったことなど

こどもチャレンジのベネッセが販売している
オールイングリッシュ教材の「Worldwide Kids」。

その教材内に登場する可愛いキャラクターが登場する
体験イベント(WKイベント)に息子と一緒に参加してみました。

IMG_5974_960

▶ 3歳までに英語を始めたほうが良いと良く聞くけど

こどもチャレンジに入会していて、かつ今年で3歳になる
息子がいる我が家にはベネッセから英語系教材の誘いのDMが
しつこいほど届きます。

「3歳になる前に始めましょう!」的な。

この「英語は3歳までに始めたほうが良い!」という話はよく聞きますが
個人的には12歳の頃に突然渡米して現地の中学校に突っ込まれたけど、
まぁ何とかやって行けた経験があるので

3歳から始めなくとも必要に迫られたら人間必死に習得するでしょ、
という考えだったりします。教育を押し付けるのも良くないし。

もちろん3歳から学ぶべき明確で納得できる理由があれば
推し進めるかも知れませんが、単なる煽りには踊らされたくないな、と。

でも今回はWorldwideKidsの体験DVDに興味を持って英語の歌や
踊りに反応している息子を見ると体験イベントに参加してみるのも
ありかと思って、体験イベントに申し込んでみたのです。

▶ 当日、新宿の会場へ

IMG_5983

新宿から徒歩10分ほどの場所にある会場へ到着。

IMG_5982

エレベーターを降りると案内板が、いよいよです。

IMG_5956

こちらがショー(?)の会場です。
約12組のファミリーが入っても窮屈感は全くない適度な空間。

IMG_5946

イベントが始まるまではテーブルに置かれているぬいぐるみや

IMG_5953

オモチャや

IMG_5955

絵本などを体験することが出来ます。
子どもを飽きさせない工夫がありますな。

▶ ショーが始まりました

程なくしてイベントがスタート。

歌のお姉さん風のMCが壇上に登場してまずはご挨拶。
非常に慣れた感じの進行で、NHKのファミリーコンサートの超縮小版な感じ。

さて続いてお子様お待ちかねのMimiちゃんが登場すると
子どもたちのボルテージは早くも最高潮へ。

その後は英語の歌に合わせて歌ったり、踊ったり。
歌や踊りのインターバルにはちょっとしたクイズなど無駄のない進行。

ショーの内容自体は体験DVDの歌や物語がメインなので
子どもたちにとっても馴染みがあり、すんなりショーに入り込めます。

と、盛り上がってきたところでショーは終了。
時間にして15分程度ですが、まぁ子どもの集中力を考えれば妥当かなと。

▶ カウンセリングタイム

ショーが終わると保護者向けカウンセリングタイムが始まります。

ベネッセ的にはこちらがメインでしょうが、教材を買う気が薄い
ワタシにとってはショーイベントが終了した時点で満足感でいっぱいです。

IMG_5961

ただ、子どもはショー開始前にもあったオモチャで遊べるので
引き続きテンション高め。写真は絵を指で押すと反応して
英語が返ってくるタイプのオモチャなのですが

IMG_5966

他の子がMimiちゃんとかキャラクターものを好んで選んでいる中
息子はやはりと言うか安定の乗り物チョイス。ブレてないな。

さて、カウンセリングは6箇所のブースに先着順で呼ばれるのですが
我々は入場が9番目だったため少し待つことにしたのですが

先着6組の保護者の番が全く終わる気配無く。
結局30分程待ってもブースが開かなかったので、プレイスペースで
そのままカウンセリングを受けることに。みんな熱心だな…。

で、我々が受けたカウンセリングの印象としては

カウンセリングと言うよりは商品説明(しかもマニュアルっぽい)で、
こちらの質問に対しても的を射た回答が返ってこなかったので
フワッとした内容で終了しました。

▶ WKイベントに参加してみて

イベント自体はとても盛り上がったし楽しかったのですが、
教材の購入は見送ることにしました。
(元々買う気は薄かったので別に良いのですが)

理由は3つ。

1.今始める理由が見つからず

冒頭の3歳で始める理由について、カウンセラーに聞いてみたのですが
「早いに越したことはない」というニュアンスでした。

むぅ。理由としては弱すぎるな。

2.アフターフォローの不安

このWorldwideKidsは約5年分の教材が一括(もしくは分けても数回)
で送られてくるので途方に暮れそうな匂いがプンプンします。

どのように進めるのが良いか、カウンセラーに聞いてみたのですが
「Levelの低い方から進められるペースで進めてください」とのこと。

そうじゃないんだよなー。
別に教材で学ばせるのが目的なのではなく、
価格に見合う結果が出せるのかが重要なんです。

この使い方で良いのか、このペースで良いのか。早いのか、遅いのか。
そもそも順番間違えてないか?など使っていく中で不安を感じると
思うのですが教材の進捗に関するフォローアップメールやマガジンなどは
ないそうなのでマイナスポイント。

3.息子が英語を使えるようになるイメージが描けなかった…

これ一番重要なポイントです。はい。

結局のところ親が英語教材を子どもに買い与える目的って
英語を学ばせるためではなく、英語で人生の選択肢を増やしてあげたい
(進路、就職、プライベート など諸々)という部分だと思います。

少なくともワタシはそうです。

WorldwideKidsのHPや体験イベントではそれを実感することができず
教材の契約には至らず、という事で自分の中で結論付けました。

あ、そういえばイベントの後半に

IMG_5974_960

Mimiちゃんと記念撮影した時の息子はちょっと嬉しそうでした。
ま、それだけですけど。