だちょう牧場で大勢のダチョウに囲まれて

だちょう牧場

少し前に朝の情報番組でダチョウに関するニュースがありました。
内容は生態についてだったのですが、わたしは埼玉県の新座に
ダチョウを飼っている牧場がある
というところが気になりました。

だちょう牧場

ですので早速行ってみました。

▶ まずは情報収集

テレビに出てきたとはいえ、ネットや雑誌で見たことがない牧場でしたし、
テレビに出たと言っても牧場自体が紹介されたわけではないので
念のため事前に調べてみることにしました。

> だちょう牧場 並木屋

ホームページを見る限りでは
・個人経営で敷地は広くなさそう
・見れそうな動物はダチョウとウサギのみ
・でもダチョウは結構な数いるっぽい
・両方共餌付けできそう(有料だけど良心的)
・入場料、駐車場は無料らしい
と、お金はかからなそうだけど、期待し過ぎは禁物
だということが何となく分かりました。

電車、バスだと若干アクセスが不便なロケーションなので
いざレンタカーを予約していざ出発です。

▶ だちょう牧場へ到着

テレビ効果などで多少混雑するかもしれないので
念のため営業開始ダッシュを狙って10時に牧場付近に到着。

IMG_6885

と、思ったのですがこの手作り感満載の看板を
力いっぱい見逃してしまい付近を1周して仕切り直すはめに。
カーナビでも道1本ズレていていたのも敗因のひとつです。

ちなみに駐車場は区画で分かれているタイプではなく
良く言えば自由に駐車する事ができるフリーアドレス方式です。
都内の駐車場に慣れているとちょっと戸惑います。

収容台数は各ドライバーの駐車スキルに依存しますが
ざっと10台位は問題なく入るのではないかと言うところ。

IMG_6887

駐車して降りてみると牧場の案内図発見!
地図によるといきなり本命の登場なわけですね。
ドキドキします。

IMG_6889

ダチョウの気配は感じませんが匂いはするので
近付いている感じはします。

ダチョウ

いました!ダチョウです!

ダチョウ

しかもいっぱい!

ダチョウ

しかも近い!
もう手を伸ばせば触れる位置にいます。ただ不用意にさわろうとすると

ダチョウ

突付く体勢を取られたので一旦ここは諦めました。
しばらくダチョウ観察を堪能した後、奥に進むと

だちょう牧場

ショップに到着です。
ここで餌付けのエサを買うのだと思うのですが
なんと、11:30頃まで留守にしているとの張り紙が!

え?餌付けを除くと、あとウサギ観察で全工程が
終了してしまうのですが…。あと1時間どうやって過ごそう。

だちょう牧場

と、ショップの前の地図を見るとポニー朝市なる
追加イベントを発見です。1時間の過ごし方をそこに望みを託してみるものの

だちょう牧場

ポニーは近づける雰囲気ではなく遠目で見るだけだし
(後ほど知ったのですがこのポニーはだちょう牧場とは無関係だそうです)

朝市

朝市に至っては

朝市の前

まだ開催されていないようで追加イベントはわずか数分で終了。
結局、当初の予定通りウサギを目指すことに。

ウサギ小屋

あの小屋かな?

ウサギ小屋

正解。
ただ外からは非常に見づらいので中に入ってみたいのですが
ウサギ泥棒と思われても嫌なのでエサがないと入りづらい雰囲気。

▶ ダチョウとウサギの餌付けターイム!

途方に暮れながら最後にダチョウをもう1回見て帰ろうかと
歩き始めたところ、先ほどのショップがオープンしていました。
まだ10:35なのですが…。かなりアバウトですが今は助かります。

中では気さくなスタッフさんがいらして、

ダチョウのエサ

ダチョウのエサ(\100)と

ウサギのエサ

ウサギのエサ(\50)を無事GET。何て良心的な価格!

ウサギ

これでウサギ小屋に進入する大義名分が出来ました。

ウサギ

ただ、全体的に背中を向けて警戒している様子。
まぁ、ウサギだし仕方なしですね。

ウサギ

唯一警戒心が薄そうなウサギさんに与えてみようとするも

ウサギ

プイとつれない感じでした。
多分お腹いっぱいと思われるので無理強いせず本命のダチョウ舎へ。

ダチョウのエサ

フェンスの部分にエサ置き場があるので少しばら撒いてみると

ダチョウ

来た!

ダチョウ

更にエサを追加!

ダチョウ

増えた!
と、言った感じで最終的には3,4羽が入れ替わり立ち替わりな状態に。

ダチョウがエサを食べている時の様子を動画に収めました。
ひたすら突っついてカワイイです。

ダチョウ

なお、先ほどリベンジでエサを食べている隙にちょっとだけ触ってみたら
一瞬こちらを見たのですが

ダチョウ

この時はエサが優先らしく無事触ることがでしました。
やりました~。

▶ だちょう牧場の感想など

敷地の規模は小さく、ダチョウとウサギ以外は何もない牧場ですが
ダチョウの数はざっと見た感じでは10はいたように思いますので
見応えはあると思います。

わたしと嫁がダチョウが大好きなので息子を巻き込んでみましたが
息子も今までダチョウを絵本でしか見たことが無かったので
実物を間近で見て相当気に入った様子でした。

ダチョウ以外は本当に何もないに等しいので正味40分程度の滞在でしたが
ゴールデンウィーク後の小イベントとしては十分だったと思います。

なお同じ牧場でもマザー牧場や成田ゆめ牧場などと
比較するのは野暮というものです。

我々のようにダチョウだけで飯3杯はいけるファミリーなら
主目的もありですが、ちょっと興味があるというレベルなら新座近辺を
通る機会があればついでに寄るくらいの方がスタンスが良いと思います。

動物のエサやり体験ができる「こども動物園」に行って来ました

知る人ぞ知る東京都板橋区にある「こども動物園」。
区が運営している動物園でして、動物園?と首をかしげそうな
規模ですがそこはご愛嬌。

こども動物園の最大の魅力は何と言っても無料ということ。 「動物のエサやり体験ができる「こども動物園」に行って来ました」の続きを読む…