シェラトン・グランデ・トーキョーベイはキッズも満足な要素が盛りだくさん

先日嫁が勤務先で永年勤続の副賞として旅行券を
ゲットしてきたので、普段泊まれないような高級ホテルに
泊まってみようという話になり、東京ディズニーリゾートにある
シェラトン・グランデ・トーキョーベイに行くことになりました。

IMG_6671

▶ ロビーは洗練された大人な空間

正面ロビーから屋内に入ると

IMG_6746

フォッ!
さすがに今まで泊まってきたホテルとはクォリティが桁違いです!

IMG_6789

おや?2階のチェックインカウンター付近の天井が青い?

IMG_6755

と、思ったら天井に星空が!
キレイですなー。

IMG_6760

また、付近にはおしゃれな水槽も。

IMG_6764

フェイクかと思ったら、ちゃんと普通に魚が泳いでます。

IMG_6748

それにしても広い。
とにかく広いです。共用スペースが。

IMG_6780

あまりの広さに探検しまくる息子。
本当に子どもは広々としたスペースが大好きですよね。

IMG_6759

あ、やっとディズニーらしさが。

IMG_6758

我々が来た時は過去のディズニー映画作品が上映されていました。
絵コンテ状態でしたが、息子は夢中で見てました。

▶ フロアはお子さま向け空間

我々が宿泊するフロアはファミリー向けらしく
ロビーやフロント周辺の大人な雰囲気とは一変して
かわいい雰囲気がそこかしこに。

IMG_6742

まずエレベーターを降りるとカワイイ模様のじゅうたんが

IMG_6739

フロア一面に広がっていて
部屋まで続いていました。

▶ カワイイお部屋

IMG_6679

部屋の中も子どもが喜びそうな雰囲気です。

IMG_6681

あ、早速息子が食いつきました。

IMG_6675

ただ、ベッドは高さがあって寝相の悪い息子が落ちないか
若干心配になります。まぁ、普通ホテルのベッドなんて
こんなものだと思いますが。

IMG_6682

一応子供用階段は付いているのですが、問題は昇れるかどうかではなく
寝た後の転落なので不安は解消せず。

IMG_6692

それに階段は息子にとってベッドに昇るものではなく

IMG_6693

壁に描かれたのペンギンとコミュニケーションを取るためのものらしく、
転落はベッドをくっつけるなり息子を壁際に追いやるなどして対処します。

▶ TDL、TDSの夜のショーなどが少し見れる

IMG_6688

窓の外はなかなかの夜景。

IMG_6723

と、思ったら突然レーザービーム(?)が。

IMG_6719

どうやら東京ディズニーシーで行われているショーの演出の様子。

IMG_6733

最後は火山が大噴火して終わり。
恐らく現地は大フィーバーなのでしょうが、一度も見たことがない
我々には何が起きているのか皆目健闘つかず盛り上がりに欠けます。

花火イベントとかなら楽しめそうなんですがね。
ま、そこまで贅沢は言えません。

▶ 朝は一番人気のレストランへ

IMG_6894

朝起きると窓からはディズニーランドや
ディズニーシーが一望できます。

IMG_6897

お、リゾートライン発見!

IMG_6900

そしてこれは昨夜噴火していた火山ですね。
昼間見るとまたひと味違いますね。
欲を言えば晴れてたらもっと見晴らしが良かったかも知れません。

などとのんびり景色を眺めていたらお腹をすかせた家族から
ブーイングされましたので早速朝食を求めてレストランへ。

IMG_6801

場所はここシェラトン・グランデの中でも一番人気があるという
こちらのレストランでビュッフェを頂くことに。
結構混んでましたがこれでも空いている方らしいです。

ホテルオークラ東京の朝食も素晴らしかったですが
シェラトンも全く引けをとらないクォリティです。

IMG_7335

サラダ、ベーコンエッグにパンなど洋食を中心とした
ラインナップが豊富。

また写真はないですがお魚や点心などの和食・中華も結構充実していて
ヤングからシニアまで幅広い層が満足できるビュッフェメニューです。

IMG_7331

もちろんキッズが喜びそうなコーナーも。

IMG_6822

しかもなんと!キッズ用のビュッフェカウンターも!
これは子ども喜びますね。但し取り過ぎに要注意です。

▶ 中庭が広くてキレイ!

食後はすぐ隣りの中庭に出てみることにしたのですが

IMG_6814

これまた広いですな!
この中庭で驚いたのはその敷地もそうですが

IMG_6839

これでもか!と咲き乱れたお花も見どころ。

IMG_6841

花には詳しくないですが

IMG_6844

豊富な種類の花を見れて素直にキレイと感じました。

IMG_6854

ちなみに奥にはチャペルがあるようで、
この時結婚式が行われていました。

IMG_6809

また少し外れに突然パターゴルフが出現。
但しキッズ向けなので

IMG_6818

きのこ

IMG_6862_960

モグラ

IMG_6866

ロケットなどのカワイイ障害物がいっぱい。
カワイイ。

▶ キッズが楽しめるプレイエリアも満載!

IMG_6867

ホテル本館とは別館にあるプレイエリア「OASIS」。
バスケットや卓球、先ほどのパターゴルフなどのスポーツ設備のほか

IMG_6879

キッズのプレイルームなど多少お金がかかる設備が多いですが
果たして何で遊ぶかな?

IMG_6882

と、思ったらハンドル回して運転手になりきるだけで大満足の息子。
いつも通り親思いな息子です。

いや、お金入れてあげても良いんですけどね。
際限ないので我が家では極力お金を入れない方式を採用しております。

IMG_6887

あと、絵本やオモチャで遊べるフリースペースもあるので

IMG_6886

未就学児ならこちらの選択もありですね。
と、言うか遊びすぎでしょ、あなた。

▶ シェラトン・グランデ・トーキョーベイに泊まってみて

今まで海外で系列ホテルを見てきた印象としては
大人向けに洗練された高級ホテルと言うイメージを持っていました。
(実際に泊まったわけではないのであくまでパッと見の印象ですが)

しかし、今回泊まってみてその印象は大分変わりました。

さすがにディズニーリゾートのホテルだからファミリー向けに
設計しないといけない部分もあるのかもしれませんが
少なくとも我が家にとっては大人も子ども大満足なホテルでした。

いい思い出になると思います。

ホテルオークラ東京のブレックファーストは最高!

東京ディズニーリゾートに泊まりがけで行ってみたのですが
ブレックファースト(特にフレンチトースト)で有名な
「ホテルオークラ東京」に泊まってみたのでその感想を。

ホテルオークラ東京

▶ お部屋は和室

ホテルオークラ東京

夜のTDLを楽しんだ後、無事ホテル到着。

予約していたのは洋室だったのですが、和室の部屋が
キャンセル入ったようで、好きな方を選んで良いと言う
嬉しいオプションを頂きました。

寝相が悪い2歳の息子のことを考えるとベッドよりは
布団のほうが落ちる心配がないので圧倒的な安心感があります。

多分それを理解した上での部屋選択のオプション提示だと
思いますが、この辺りの気配りはさすが一流ホテルです。

ホテルオークラ東京

部屋は普通ですが落ち着いた雰囲気です。
ベッドがない分広く感じます。この点でも和室で良かったかな、と。

ホテルオークラ東京

それでいて洗面所と

ホテルオークラ東京

お風呂は洋風のおしゃれデザイン。
和室からは想像できない展開にちょっと度肝抜かれました。

▶ さて本命のブレックファースト!

さあ、お楽しみの朝がやって参りました。

ホテルオークラ東京と言えば朝食のクォリティの高さが有名らしく
何でも別のホテルからわざわざここの朝食を食べに来る客もいるんだとか。

IMG_6541

中でも特に人気の高いフレンチトーストらしいのですが
それを頂くならレストラン「テラス」か

ホテルオークラ東京

「フォンタナ」のいずれかがメニューに入っているようですが、
我々は同時にワッフルも食べられる「フォンタナ」をチョイス。

ホテルオークラ東京

それにしても価格3,200円にはビックリ!
宿泊と朝食セットのプランだから勢いで申込み出来ましたが
これ単体だったら完全に怯む価格帯ですな。

では3,200円の実力を見せてもらいましょうか!
と、何故か上から目線で乗り込んでみます。

ホテルオークラ東京

サラダ

ホテルオークラ東京

洋食系

IMG_7297

和食系と食材は非常にバラエティ豊かです。
最初は周ってみるだけでも面白いです。

IMG_7300

他にもクロワッサンなどのパンも豊富に揃ってます。む、やるな。

IMG_7298

バイキングはこの「何を選ぼうかな~」的なワクワク感が
醍醐味ですよね。

IMG_7304

もちろんデザートもバッチリ。

IMG_6521

ですが、忘れてはならないのがフレンチトーストとワッフル
いや、忘れてなんかいませんけどね。
ホイップクリームやドライフルーツも掛けてみたりなんかして。

で、肝心のフレンチトーストのお味ですが、
オムレツみたいにフワフワでした!
あれ、本当にパンだったのか?!と言う印象です。

このフレンチトーストは他では味わったことが無い食感と風味です。
確かに楽天の口コミなどで高評価なのも納得です。

写真の皿は嫁と半分にする予定だったのですが、
一人でペロッと全部平らげてしまい嫁に怒られました。

IMG_6530

食後はとなりのキレイな中庭で

IMG_6532

何故か電車ごっこして遊んだり(模様が線路らしい)

IMG_7242

キッズスペースでちょっと遊んだりなどしてからチェックアウト。

▶ ホテルオークラ東京に泊まってみて

外観やロビースペースなどは正直普通な印象を受けましたが
部屋のキレイさとスタッフさんの気遣い、そしてブレックファースト
についてはさすが一流ホテルの何恥じないクォリティで満足でした。

しかし一流だけ合って宿泊価格も一流級。
今度来れるのはいつの日のことやら。
あのフレンチトースト、しばらく食べられないんでしょうな。

わたしのような庶民にはそう何度も来れる場所では無いですが
一度でも経験出来て良かったです。視野が広がった気がします(ほんとか?)
また頑張ってお金貯めて再来できる日を夢見て。

水戸プラザホテルのコスパが異常なほど良かった

水戸プラザホテル

我が家のゴールデンウィーク前半戦は1泊2日の茨城旅行。
宿泊場所の水戸プラザホテルのクォリティがコストに対し
非常に高くて驚いたので、その内容をシェアします。

水戸プラザホテル

▶ 何故、水戸プラザホテルを選んだのか?

初日はひたちなか、2日目は大洗。
であれば普通は宿泊地はその近辺を選ぶのがセオリーと思いますが
今回宿泊地に選んだのはそれらから車で1時間ほど離れた水戸。

理由はただひとつ。
予約が直前になってしまったので観光地周辺のホテルがほぼ満室で、
水戸まで足を伸ばさないと予約が取れなかったからです。

厳密に言えば4万くらい出せば大洗のホテルにも泊まれたのですが
まぁ予算の関係上、夫婦2人で16,000円の水戸プラザホテルをチョイス。
安いけど口コミでの評価も高いし、ハズレることは無いと信じて。

▶ いざ水戸プラザホテルへ

ひたち海浜公園でネモフィラを満喫したお昼すぎ、少し早いですが
15:00チェックインを狙って水戸市街地へ向かいます。

車での移動がありますが、息子は「ドライブ~」と喜んでいたので
結果オーライです。

ゴールデンウィーク中にもかかわらず1人8,000円のホテルなので
期待し過ぎるのは禁物かなー、と思っていたのですが

水戸プラザホテル

思いの外立派なエントランスに面食らい、

水戸プラザホテル

チェックインを済ませて中庭に入ってみて二度ビックリ。

水戸プラザホテル

ツインルームのお部屋も申し分なし。
ただ寝相の悪い息子(2歳)はベッドのすき間から落ちるかもなので

水戸プラザホテル

イスですき間を埋めてみたら部屋も広々として一石二鳥!
(もちろんチェックアウトの時に元の位置に戻しておきました)

水戸プラザホテル

その他洗面所や

水戸プラザホテル

シャワールームもバッチリきれいです。
本当に8,000円なのか?ちょっと不安になります。

あ、ちなみに窓からの景色は期待はしない方が良いです。
あくまで普通の街中のホテルなので。

▶ 嬉しいサービス色々

ちょうど母の日シーズンだったので

似顔絵

お母さんの似顔絵(?)を書いてフロントに提出すると

IMG_6040

大量のお菓子をゲットできる子どもに嬉しい企画があったりします。
それにしても思いの外大量でちょっと戸惑います。
てっきりポテトチップス1袋くらいかと思ってたので。

水戸プラザホテル

あとウェルカムドリンクサービスも他ではあまり聞いたことがない
珍しいサービス。

水戸プラザホテル

ウェルカムドリンクが振る舞われるリラクゼーションラウンジ
テラスになっていて落ち着いた雰囲気です。

水戸プラザホテル

TVや新聞・雑誌など読み放題らしいです。
我々は19:00頃行ったのですが丁度ディナータイムだったためか
ラウンジは貸切状態でした。ラッキー。

▶ 朝はアメリカン・ブレックファーストなど

今回のプランは何と朝食付きでした。
和洋を選べますが、我々はアメリカンをチョイス。

IMG_6069

メインディッシュをメニューから選んで

水戸プラザホテル

サラダ&ドリンクバーから好きなものをセルフで取ってくるシステム。
サラダ・デザート・ドリンクの種類は若干少ない印象ですが
ガッカリするほどではありません。(人によりけりかもしれませんが)

水戸プラザホテル

それにパン好きの嫁と息子は焼きたてのふっくらパンに大喜び。

水戸プラザホテル

ちなみにテーブルは屋内と中庭スペースを選べるので
小洒落たカフェっぽい雰囲気を狙って中庭席をゲット。

水戸プラザホテル

と、いう爽やかなブレックファーストを満喫してみました。

▶ 水戸プラザホテルに泊まってみて

なぜゴールデンウィークの期間にもかかわらず1人8,000円という
価格設定だったのかは結局分からずじまいですが、

とにかくコストパーフォーマンスは今まで泊まったホテルの中でも
最高峰
と言っても過言ではないレベルでした。

きれいな外観。
数々の嬉しいサービス。
広くて手入れが行き届いたお部屋。

そして偶然かもしれませんがフロント、エレベータホール、ラウンジ、
朝食会場などでお会いしたスタッフさん一人ひとりの対応がとても丁寧で
好感を持てた
のも非常に大きなポイントです。

土地柄リゾートホテルとは言い難いですが、それでも充分リラックスして
過ごせたので大満足
です。

訪問前の期待値が低かっただけに、反動で評価が急上昇した部分も
あるかと思いますが、充分おススメできるホテルと思います。

ホテルエミオン東京ベイに泊まってみました

ホテルエミオン東京ベイ

海浜幕張で遊んだ後に泊まる宿を探していたら子どもが喜びそうな仕掛けが
いっぱいのホテルを見つけました。それが「ホテルエミオン東京ベイ」。

TDLのパートナーホテルなだけあって子供連れファミリーに優しい宿泊プランや
設備・アメニティが魅力的です。という訳で2歳の息子を連れて泊まってみました。 「ホテルエミオン東京ベイに泊まってみました」の続きを読む…